最近のYouTubeがクソつまらないのはYouTuberがビジネス動画を作るから。

こんにちは。まびです。

みなさん、YouTubeみてますか??

学生の皆さんはだいたい知っていますよね。YouTubeとは、いろんな人が動画を投稿し、みんなで共有して楽しむことができる動画共有サービスです。特に僕みたいな学生の皆さんの中には、暇さえあればYouTubeを見ているという人は多いのではないでしょうか。

ちなみに僕もYouTubeが好きで、しょっちゅう見ています。

しかし好きだからこそ言いたい。「最近のYouTubeはクソつまらない」と。

もちろん、YouTubeと括ってはいるものの、全部の動画がつまらないというわけではありません。中には面白いものもあります。ですが、最近は圧倒的につまらない動画が増えました。

僕が特につまらないと思うのはいわゆるYouTuberです。YouTuberがYouTubeをビジネスとして扱い始めてからつまらない動画が増えました

なぜビジネスとしての動画がつまらないのか

ビジネスとして作られた動画は

  • 皆同じような動画ばかり作るようになる
  • 動画制作者本人が動画制作を楽しんでいない
  • 純粋に企業からの広告案件が増えるためつまらない

などの特徴があります。これらがYouTubeをつまらなくしている原因だと思います。

みんなが同じような動画を作るからつまらない

例えば、散財系の動画。ヒカルさんの登場以来、YouTube上に「高い○○を買ってみた」とか「○○するにはいくらかかるか検証してみた」といった、お金をたくさん使った動画が増えました。

こういう動画を誰か一人アップしているうちは、まだいいです。散財系の動画が、お金持ちでない視聴者にとっては経験できない世界を提供してくれるからです。

しかし、同じことをみんながやり始めたらダメです。みんながみんな「お金を使う」ところだけに動画の付加価値を見い出そうとすると、みんな同じような動画ばかりになります。

実際、ヒカルさんが散財動画を出し始めてからヒカキンさんやカズさんなど僕の好きなYouTuberたちも散財動画を出す頻度が増えました。みんなが同じように「○○円使った」というような動画ばかりで本当につまらないです。楽しんでやってんならまだしも、金のためだろって意図が透けて見えるのが嫌です

YouTubeでお金を稼ぐ人にとっては、動画制作に高いお金をかければそれだけ経費が増えて税金対策になるので都合が良いんでしょうけど。悲しいことです。

僕の好きなYouTuberの一人瀬戸弘司さんもこのことについて言及していました。この動画によれば「オープンになるほど多様性は減っていく」とのことですが、全くその通りだと思います。

YouTubeに参入するクリエイターが増えれば増えるほど競争が激しくなっていき、結果としてみんな視聴回数の取れるコンテンツばかりを作るようになり、似たような動画ばかりになっていく。この現象はどの分野でも起こりうることだと思います。

スポンサーリンク

毎日更新しなくて良い

また、YouTubeで数字(チャンネル登録者数や収益など)を追い求める過程で、数合わせのように作られた動画も最近のYouTubeがつまらない原因です。

YouTubeっていうのは、5年くらい前にはそもそも仕事として見られていませんでした。個人が面白いことを考えたり、珍しい出来事を撮影して動画にし、みんなで共有するおもしろ動画サイト的な位置づけでした。(少なくとも僕の記憶では)

しかし、YouTuberというYouTubeで動画を出してお金を稼ぐ人たちが出てきてから、徐々にコメント欄が変わってきました。「動画休まないで」「毎日動画出して」といったコメントが散見されるようになりました。

こういうコメントをするのは、動画を作る大変さや、裏でその大変な動画を作る人間がいるということを想像できないガキンチョなのでしょう。YouTuberだって人間なのですから動画を作るのが面倒くさい日だってあって当然です。

なのに視聴者側が毎日動画を出せとか言い続けて、結果YouTuberがいやいや義務感を感じながら作った中身のない数合わせのための動画が人気になってしまうから、YouTubeがどんどんつまらなくなってしまうんです。

視聴者が思考停止しているのでつまらない動画でも再生回数が増えます。するとお金が稼げるので、YouTuberもそういうつまらない動画を出し続けます。負のサイクルです。

「チャンネル登録者を増やすために毎日更新する」みたいに言ってるYouTuberもいますが、見る側からするとそんなに無理する必要はないと思います。というか、しないでくれたほうがありがたい。(動画のクオリティが落ちても出せば出すほどお金が稼げるのだから僕がこんなことを言っても毎日更新はやめないと思いますが…。)

毎日更新のための数合わせのつまらない動画に時間を割くくらいなら、すごくいい動画素材が現れた時のためにその労力を割いてほしいです。作ることを一番の目的にしてしまうとやはりコンテンツは面白くなくなるのかなと感じますね。

作りたくもない動画を作る必要はない

また、僕がつまらないと思うのが、有名YouTuberが再生回数目的で作ってるゲーム実況動画です。つまらないというか、僕はほとんど見ないので他の動画に時間を割いてほしいという意味ですね。

はじめからゲームが大好きで大好きでみんなに共有したい!って思ってゲーム実況をする人の動画は面白いのですが、僕が嫌なのは、キッズ層のウケと再生回数を狙って好きでもないゲーム実況をイヤイヤしているYouTuberたちです。

僕の好きな瀬戸さんのマインクラフト動画なんかが良い例です。これに関しては本人も「やりたくはない。でも仕事だから」みたいなことを動画で言っています。

僕もこんなことを言っていますが、ゲーム実況自体が嫌いなのではなく、好きなゲーム実況チャンネルもあります。

小さい頃ハマっていたドンキーコングの実況動画を見たのがきっかけですごく好きになりました。この方はおそらく僕より少し年上ですが、実況時には今の僕と同じく大学2,3年生くらいだったのでしょう。同じく大学生で情報を発信している立場であること、サークルのことなどすごく共感できる部分が多く一時期ずっと見ていました。

話を元に戻しますが、カネのことだけを考えれば大衆に迎合していく戦略は正しいのでしょう。でも、僕としてはそういう戦略はあまり好きにはなれません。YouTuberそのものの質を下げるような気がするし。

YouTubeがお金になる仕組みを持っている以上、仕方ないことなのかもしれませんが、変える方法はないものでしょうか。

スポンサーリンク

再生回数=人気 な現状をぶっ壊したい!

どの問題にしても、結局は、つまらなくても有名な人が動画を出せば再生回数を増やせる今のYouTubeのアルゴリズムが諸悪の根源なのかなと僕は思います。

数は少ないにしろ、弱小YouTuberやそもそもYouTubeで生計を立ててない人の動画の中にも、すごい動画や面白い動画はそれなりにあるのに、現在のYouTubeではそんなの絶対におすすめや急上昇には引っかかりません。

昔は、再生回数=動画の面白さ、珍しさだったのが今では再生回数=作った人の知名度になってしまいました。再生回数が低くても、静止画に文字貼り付けて上から下に流してるだけの動画なんかより全然面白い動画がたくさんあるはずなのに。

結論

今あるYouTubeのアルゴリズムを変えることは我々にはできません。

だから、つまらない今のYouTubeを面白いしていくためには、つまらない(つまらなそうな)動画を惰性で見ないで全力でスルーし、本当に面白そうな動画だけをもるようにすることが大切なのかなという結論をもってこの記事を締めたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!