毎月50ギガ通信している僕がWiMAX2についてまとめてみた!

スマホの速度制限や高い料金設定に悩まされている方!WiMAXでその悩みから解き放たれませんか?

今日は毎月50ギガ使う僕がBIGLOBEのWiMAXに変えたことで感じたメリット、デメリット、感想などを書いていこうと思います。今だにキャリアに高い料金を払っている場合は、検討して見る価値があるかもしれません!




なぜWiMAXをすすめるのか?

以前、スマホの通信制限の基準は多くが7Gバイト/月でした。大手携帯電話キャリアでは、ネット使い放題とはいいながらも、実質7Gを超えるとネットが使い物にならなくなるというプランを提供してきました。今では比較的大容量のシェアプランも出てきましたが、ヘビーユーザーの僕から言わせれば、7Gや大手キャリアのシェアプランではネットを思う存分使うことはできません!

もちろん、スマホの主要な機能(LINE、Twitter等)を賄うには十分でしょうが、電車の待ち時間にドラマをみようとか言い出せば絶対に足りません。通信量が増え過ぎないように気をつけながら見ればなんとかやりくりをすることは可能ですが、そんなことを気にするくらいなら見ないほうが楽ちんです。

何が言いたいかというと

通信料に気をつけながらネットを使いたくない

ということです。ネットをたくさん使う人にとってWiMAXを利用するメリットは大きいと思います。今日はそのメリット、デメリットを伝えていければと思います!

WiMAXのメリット!

WiMAXを利用する利点は

・通信制限を気にしなくていい(容量無制限!)
・料金が比較的安い

この2点です。

通信制限を気にしなくていい!

僕の通信量は毎月50ギガほどです。多くの人よりはかなり多いほうでしょう。
20161229142850_img_0174

↑今月はこんな感じ。29日時点。

一人暮らしでテレビがなく暇な時間にYouTubeをよく見るのが一番の原因だと思いますが、何も考えずにネットを使っているとだいたいこんな感じになります。しかしWiMAXなら50ギガ使おうが、1000ギガ使おうが料金は一緒です。

一応WiMAXにも 3G/3日 の通信制限があるようですが特に通信制限を感じたことはなく、いつもYouTubeは見れているので、キャリアの通信制限のようにガッツリ制限されるわけではなく、かなりゆるい制限です!なので相当な通信速度を求めない限り無制限に通信できていると考えて大丈夫です!

料金が比較的安い!

料金は僕が申し込んだ時点で

最初の2ヶ月→約3900円
それ以降→約4900円

みたいな感じでした。25000円で月に100G使えるdocomoのシェアパック100の場合と比べてみると、僕は月に50G使うので

docomo→12500円
WiMAX→4900円

となります。やはり安いですね。

また、格安SIMの場合も見てみましたが、50Gのプランは軒並み10000円/月を超えていました。だいたい相場は10000円〜13000円くらいのようです。意外なことに、大容量になると格安SIMも大手キャリアも通信料金はあまり変わらないようですね。

WiMAXのデメリット!

使っていてそこまで致命的なデメリットは感じませんでしたが、少し不満に感じた点があります。それは

・通信速度はそこまで速くない!
・地下では繋がらない!

などです。

通信速度はそこまで速くない!

通信制限がかかっている時に特にいえますが、WiMAXは。制限がかかっていない状態でも通信速度はあまり速くないです。大容量のファイルやアプリをダウンロードするには頼りないかな。ダウンロードする容量がギガ単位になってくると、もはやあくびが出るくらい遅いです。(笑)

screenshot_2016-12-29-15-54-51_20161229_160720

↑通信制限時の速度。直近3日で5Gを超えているので通信制限中と思われます。

なので、速い回線を求めている人は光回線などを設置するほうが断然いいと思います!

地下では繋がらない!

また、地下の建物に入るとほぼ通信できません!
そもそもアンテナ表示自体が出なくなるので通信不可能です。これはちょっと困りました。
LTEや3G回線ならば地下でも通じるので、こういう時のためだけに格安SIMの小額プランを契約してもいいかもしれませんが、余計にお金がかかってしまうので悩ましいところです。どうにかならないかなぁ。

まとめ!メリットデメリットを把握して使うならアリ!

20161229142758_img_0173

いろいろ書きましたが、まとめるとWiMAXは

地下での使用や高速通信には向かないが、大容量の通信を気にせずしたい人にはおすすめできるサービス!

です。通信費節約のために検討してみてはいかがでしょうか!それでは今日はこんなところで!またね〜