テニスシングルスの戦略

今日はシングルスの練習をしたのでその反省をば。

  • 回り込んで逆クロスにフォア打った後に戻るのが遅い。相手のバックがクロスに戻ってくるとは限らないから打ったらすぐ真ん中まで戻る。ストレートも選択肢としてはあってもいい。
    相手を追い出した後にもう一回フォアで叩きたいのはあるけどストレートをあけすぎるのはリスクが大きい。

Screenshot_2017-05-29-18-00-41-01

  • バックのストレートをシングルライン近くから打つときに外側に向けて打つのは危険。ライン近くから打つならコートの内側に向かう軌道で打つ。

下図のように真っ直ぐあるいは外に向かっていく軌道で狙うのは非常にリスクが高い。コートの外側に向かって打つのならベースライン真ん中辺りなど距離があり安全性を保てる範囲から打つべき。

Screenshot_2017-05-29-18-05-06-01

内側に入っていく軌道ならリスクは低め

Screenshot_2017-05-29-18-06-06-01

  • バックの切り返しはしっかり深くあるいは低く打つ。基本的にバックのほうがリーチが短いから追いついてしっかり打たないと押されがちになる。
  • 速攻強打が得意な相手には、早いペースにさせる前に深くて高い軌道の球を相手のバックにうまく打てたら良さそう。

Screenshot_2017-05-29-18-10-57-01

  • 相手がどちらかというとバックが苦手な相手ならサーブは必ずバックに多めに入れる。
  • フォアの高い打点から強めに打ってクロスやストレートに打ち込めると強い。
  • 浮いたセカンドをストレートにリターンする精度を上げたい。エースになりやすい。

全体的にまだまだラリーの途中でミスが早いし真ん中に戻るのも遅い。コートの外に追い出されてから復帰するためのスライスや前に出られたときの切り返しなどラリーを簡単に終わらせない技術がほしい。あとはサーブが肝!

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– 標準 記事下 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:inline-block;width:336px;height:280px”
data-ad-client=”ca-pub-5090105007662390″
data-ad-slot=”2793111866″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>