キックボード

Oxelo Town9をデカトロン幕張で購入!思いの他楽しいという話【体験談】

ちょうど2か月くらい前の話ですが、Oxelo Town9というキックボードを購入しました。

そんな頻繁に乗ってはないのですが、これが結構楽しいので記事で紹介してみようと思います。

Oxelo Town9とは?

Oxelo Town9は大人でも使えるキックボードで、フランスのメーカーであるデカトロンというメーカーが出している製品です。

キックボードというと子供の遊びというイメージがあるかと思いますが、こちらは大人が乗っていてもそこまで違和感がないデザインをしています。

しかも子供用のキックボードと違ってホイールも大きく、衝撃吸収のためのサスペンションがついているなど交通手段として実用性を備えており、子供のおもちゃというより大人のちょっとした交通手段として使うことができるようになっています。

Oxelo Town9を購入しようと思った理由

理由は下記です。

  • 休日が暇すぎたから
  • 運動不足だったから
  • 自転車旅での輪行が大変だったから

休日が暇すぎたから

社会人になってからとにかく休日が毎日暇でした。友達と遊ぶ日はいいですが、何も予定がない日は本当にとにかく暇。
とにかく何もやることがないので早く起きることもなく朝10時ごろまで寝て、起きたかと思えばダラダラとスマホを見、おなかが減りすぎてどうにも我慢できなくなったらようやくお昼ご飯を食べ、副業でもしようかとパソコンを開いてみるも特に副業を頑張る理由もないのでやる気がでず30分くらいで終了し、日が少し傾き始めて一日の終わりを感じて落ち込む。

外に出て誰かと会話しないと死んでしまう!と思い立って外に出るも、特に会う予定もないのに押しかけて話し相手になってくれる人など実家の家族や近所のお弁当屋のおばちゃんくらいしかいない。
そんな事実に気づいて、週末までに予定を入れなかった自分を恨みつつ虚無感とともに大して見たくもないYouTubeを見つつ夜更かしして寝る、ということを毎週のように繰り返していました。

この退屈な休日が結構しんどく、これを打破するべくキックボード旅で一日を潰すことを考えました。

運動不足だったから

あとしんどかったのが運動不足。社会人になってから基本デスクワークなので運動不足でした。僕は昔から大の運動好き(あとADHD)なので、運動が不足していると人間としてのあらゆるパフォーマンスが死ぬほど低下します。頭も悪くなるしコミュニケーションも鈍るし自信もなくなるし仕事も遅くなるし、たくさん動いているときの僕の力が100だとしたら、運動不足の僕の力は35くらいです。なので常に運動を欲しています。

小さいころから大学生までは余暇時間はほぼずっと運動していましたから運動不足を感じることはほぼなかったのですが、社会人になってからは圧倒的運動不足です。運動時間は朝晩駅から会社まで歩く時間片道5分のみ。しかも週3回。少なすぎる。
そこで休日くらいは運動したい、ということでOxelo Town9に目を付けました。キックボードで旅をしたらさすがに疲れられるだろうと思って運動不足解消のために購入しました。

自転車旅での輪行が大変だったから

旅をするときにはいままでクロスバイクで旅をしていましたが、自転車旅で遠くにいこうと思ったら基本輪行になります。自転車旅を楽しんで目的地に着いたら自転車をばらして輪行袋という袋に入れ、えっちらおっちら担いで家まで持ち帰るのですがこれが結構しんどい。

自転車をばらす→担いで持っていく→また組み立てるという流れがだるく自転車旅行自体が億劫になってしまっていたので、キックボードくらい軽い気持ちで電車に乗せられるようにしたかったというのが購入のきっかけです。

上記の悩みを解決する方法を探していた際、僕の好きな投稿者の下記動画を見て「Oxelo Town9」なる大人用キックボードがあることを知り、3時間悩んだ末購入を決断しました。(欲しくなったらすぐに買ってしまうのは僕の悪い癖です)

Oxelo Town9の購入方法

Oxelo Town9の購入方法はネットと店舗の2つがあります。ネットは下記。

デカトロン 公式サイト

店舗は千葉幕張と兵庫西宮の2店舗しかありません。全然ないです。ビックリしました。

ただ僕は東京住みで千葉県に実家があるので、実家に寄るのもかねて海浜幕張のデカトロンストアで購入してきました。実店舗だとすぐに手に入るし、試乗もできます。

僕は幕張駅から歩いていきましたが、電車で行くならJR京葉線の海浜幕張駅から歩いたほうが近いです。

店舗に行くと結構デカデカとキックボードのコーナーがあり、Oxeloのキックボードがたくさん置いてあります。もちろん試乗も可能です。
それぞれ製品の展示品がおいてあり、室内の売り場でも外のデッキでも試乗ができるようになっています。店員さんもちらほらいますが、ゆっくり一人で製品を眺めていても話しかけてくる店員さんはいませんでした。ゆっくり見たかったのでこれはとても嬉しい。

室内でOxelo Town9に乗ってみたらやはりいい感じだったので、近くの店員さんに「これって外のデッキでも試乗できるんですか?」と聞くと、乗り方畳み方の簡単なレクチャーとともに「ここならいくらでも試乗できますよ」と外のデッキに案内してくれました。

そこで5分くらい試乗し続け、店員さんも親切でとても良い方だったのでそのまま購入してしまいました。¥25,000しましたが、後悔はないです。

他のキックボードと比べてOxelo Town9が優れているポイント

¥25,000も出すなら他のキックボードも当然選択肢にあがったのですが、最終的に下記がポイントになりOxelo Town9を選びました。

  • 折りたたみが超簡単(1秒でできます)
  • トロリーモードで楽に持ち運べる
  • 好きな投稿者が使っている

走行性能なども大事ですが、結局自分にとっては手軽に使えることが一番大事だろうなと感じていたので、折りたたみや持ち運び機構が優れており丈夫なOxelo Town9にすることにしました。

あと欲しいと思ったきっかけが先に載せた投稿者の動画なので、最初に欲しいと思った上記投稿者が使っているのと同じモデルを買うのが一番だろうなと思ってOxelo Town9にしました。

Oxelo Town9に乗ってみた感想

  • 意外に振動は来る
  • 思ったより速い
  • 思ったより疲れない
  • 恥ずかしさはすぐに慣れる
  • 電車に持ち込むのは確かに自転車より楽だが結構目立つ
  • トロリーモードは意外に腕が結構疲れる
  • 盗難防止策が悩ましい
  • ブレーキが強くないので急坂での使用は危ない

総合的には期待した通りで、楽しい乗り物です。

思ったより手に振動は来るし、トロリーモードは意外に腕が疲れるなどマイナスポイントもなくはないですが、乗っているときの楽しさは期待通りです。

ただ盗難防止については購入前によく考えたほうが良いかもしれません。盗難防止策がほぼないからです。
カギをつけても本体ごと持っていかれてしまえばそれで終わりですし、どこかに括り付けておくくらいしか実質的な盗難対策になりません。
キックボードが力を発揮する都会では特に手軽に持っていかれてしまいそうな乗り物なので、ここら辺をうまいことクリアしないと「手軽で実用的な乗り物」として活用するのは難しい可能性があります。

デカトロン 公式サイト

-キックボード

follow us in feedly

関連記事

関連記事はありませんでした

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおる

とおる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

© 2021 とおるの部屋