本の感想

【随時更新中】大学生の僕が読んだ本を全てざっくり紹介

完全に自分のための備忘録記事です。最近本を読むのにハマっているので読んだ本とその感想を簡単に書いてきます。

すべて主観なので気を悪くしたらごめんなさい。あと、僕の感想はいい加減なので話半分に読んでくださいw

銀行はもういらない

2019/09/12

  • 経営者である著者が、銀行が時代錯誤だということについて統計データや自身の体験をもとに綴っている
  • 30分くらい拾い読みしたが、終始言ってることは同じなので途中で読み疲れた
  • 銀行が時代遅れだという主張を裏付けてくれそうな感じはするが、筆者の個人的な感情も多々入るのでそこまで理詰めという感じでもない

個人のための習慣の力

2019/09/12

  • 何かを達成するためにいかに習慣というものが大切か、どうしたら習慣化できるのかについて書いた本
  • 習慣化するためには目的が大事、目的がないと続かない
  • 習慣化の具体的な方法についても書いてあるが、そこかしこにある本と大きな差があるような目新しいことは書いていなかった
  • イチローは入団当時関節が硬かったがストレッチを続けて柔らかくしたらしい、知らなかった

読書する人だけたどり着ける世界

2019/09/14

  • 読書をしない人が増えているが、かんたんに読める歯ごたえのない本ばかりを読むのではだめ
  • 読むのが大変であってもそういう読み応えのある読書をすることで世界の色んな所に読書をしない人では理解し得ない複雑な楽しみを様々な場所に見出すことができる
  • 名作には名作と言われるだけの力があり、読み通してみるのがおすすめ
  • 読書にハマり始めたばかりの自分に少し響いたと同時に、噛みごたえのない読書ばかりしていた自分への戒めにもなった気がする
  • 古典やいわゆる名作を読んでみようと思わされた

カラマーゾフの兄弟

2019/09/14

  • 上述の本に影響されて読もうと思ったが、最初の1ページで面白くなさそうだなと思って辞めてしまった
  • 立ち読みでサクサク読めるような感じではないので、読むならちゃんと買って読みたいかな、たぶん読まないけどw

1流になりたければ2駅前で降りなさい

2019/09/14

  • 例えば、イチローや大坂なおみのように人生を何か一本に通すことができなかった人間が一流になるには、徹底的に寄り道をすることが大事
  • いつもと違う場所、機会に寄り道しまくることで様々な発見がある
  • 内容的にはすごくいい本だと思ったんだけどいかんせんあまり覚えていない、、ので今度読み直そうかと思う

なぜ戦争がなくならないのか

2019/09/15

  • 池上彰の平和と戦争に関する考察本。
  • 一見平和に見えたこの戦後70年は本当の意味で平和だったのかを問うている
  • 平和に見えて実は日本や世界は戦争の教訓を活かしきれていない、たまたま日本で戦争が起きていないに過ぎない
  • 現代情勢に詳しい池上彰ならではの考察なので興味ある人は面白いと思うが若干堅苦しい話題であることは否めない。ただ、勉強にはなる

樺澤紫苑 神時間術

2019/09/15

  • 雑念が起きたら書く、ストップウォッチで時間を制限、締切をつくってその後に予定入れる(ケツカッチン)
  • 寝る前にやっちゃいけないこと(食事、飲酒、激しい運動、熱い風呂、ゲーム、映画、光るもの、明るい場所で過ごすこと)、やったほうが良いこと(音楽、アロマ、家族とのコミニケーション、ペットと戯れる、読書など)
  • 今日の楽しかったことをFacebookに記録する(寝る直前に思い出す)
  • 30分前行動、本を読んだら必ずアウトプット
  • 余暇の時間は自分が楽しいと思えることをToDoリストに入れて自由時間を楽しい体験で埋め尽くす
  • 実用的ですごく面白かった。僕の生活に取り入れたものも多い。時間の使い方が下手な人、科学的なものにアレルギーがない人にはおすすめ、面白い。

フィンランドの教育はなぜ世界一なのか

  • 興味あるところを拾い読みしたがフィンランドの教育についてそんなに詳しく書かれていたか…?
  • 学費無料、試験はほぼない、大学や高校の間に間の期間を自分で設けて世界を旅したりなど、フィンランドの教育を受けたかったなあとは思った。
  • あまり覚えていない、個人的には冒頭以外はそんなに面白く感じなかった

人生は「2周目」からが面白い

2019/09/16

  • 人生は100年時代だから、50歳以降の2周目に若い頃(=1周目)と違う価値観を持って暮らしていけるかが重要
  • 筆者との歳が遠いからか、なるほどとは思ったけどぶっちゃけそんなに面白く感じなかった。もうちょっと年取ってからみたら面白く感じるのかな?

飯が食える大人になる方法(?)

2019/09/16

  • 題名も内容も思い出せない…かなり良い本だなあと思った筈なのに

そろそろ、大好きなことで生きていこうよ!

2019/09/16

  • 作者はYouTubeで自己啓発動画を出しているクリスモンセンという人で以前から知っていた
  • 大好きなことで生きていく、みたいなことを目指していたことのある自分にとってはこの人の言葉は少し嘘くささを感じていたが、実際に本人が好きじゃないことで消耗した体験や、実際に好きなことは簡単には見つからないし最初からあるもんじゃないとの記述、好きなことで生きていくのは簡単じゃないとの記述などからそれなりの説得力は感じた
  • 好きなことを探す具体的な方法をいくつかの質問形式で載せていたが、それも万人向けなのでやはり他の自己啓発本などと同じで抽象的な感じは否めない
  • ただ、好きなことで生きていくことが必ずしも幸せに繋がるかどうかについては触れていなかった

凡人

2019/09/16

  • 凡人は凡人なりに無理せず折り合いをつけて生きていくほうが幸せに生きられるんじゃないの、という本
  • 仕事選びの基準はその仕事に必要な能力がカンストするまでに時間のかかる職業にしろ、という章は仕事を探している自分に刺さった。例えもすごくわかりやすかった。
  • 本の体裁はなしているが実際には中の文章はかなり少ないので読み応えはない。しかし、余計な水増しをしていないと考えると悪くはないと思うし、主張は分かりやすいのであまり気にならなかった

しょぼい起業で生きていく

2019/09/17

  • マスザワ内閣の動画で知っていたので内容を知ってはいたが、改めて読んですごく良い本だと思った
  • 前々からしょぼい起業やってみたいと思っていたのでその熱が高まった
  • しょぼい起業については最初の方の数十ページで語り尽くされていて、最後の方の対談とかはぶっちゃけえらてん氏のYouTubeに似たようなのがあるのではっきりいって蛇足かなと思った。あんましょぼい起業と関係なかったし

静止力

2019/09/17

  • ホリエモンに影響されて多動して成功できるような人間は一握りだし、多動できるのは健康な成人の特権なのだから、多動できない人々(お年寄りや障害者など)を助けるような地元の名士も必要なのではないか、という本
  • ホリエモンは皆に「3歳児になれ!」と説いているようなもの
  • 多動力を否定しているわけじゃないが、反対の考え方もあっていいじゃないのという提言をしている
  • なかなか面白いが、しょぼい起業で生きていくを読んだ直後に読んだため似たような箇所もあり少しクドく感じて途中で読むのをやめてしまった
  • 今をときめくカリスマ経営者とかに感化されがちな2年前の僕みたいな人は読んでみると面白いかも

なぜあなたは好きになってくれない人を好きになるのか

2019/09/19

絶対内定

2019/09/20〜2019/09/22

歌舞伎町アンダーワールド

2019/09/26

ABOUT ME
アバター
とおる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です