筋トレとは無縁だったガリガリ大学生の僕が筋トレを始めた3つの理由!

こんにちはっ!まびです。

タイトルにもありますように、筋トレを始めました!

正直いって僕はガリガリのガリガリ君です。小さい頃から外で遊んでばかりで、筋トレなんてものとはずっと無縁の生活をしてきました。

しかし大学二年生となり、いろいろ考えた結果、4日ほど前に筋トレを始めました!

僕は、筋肉なんて鍛えても日常生活ではなんの役にも立たないじゃんかとずーっと思っていた側の人間なのでいま自分が筋トレをしている事実に驚いています。

今日はそんな僕が筋トレを始めた理由について書いていこうと思います。

僕と同じく痩せ型の大学生の人に向けて筋トレの良さを伝えていけたらなと思います!

筋トレ=ジムでの筋トレ

valkovav / Pixabay

僕がいう筋トレというのはいわゆるジムでのトレーニングです。家で腹筋したり腕立てしたりするのとは違います。

具体的には、ベンチプレスや背筋など全身を鍛えるトレーニング、ランニングマシンを使った足のトレーニング、ダンベルを使った上腕のトレーニングなどをやっています。

要は、いかにもジムでやってそうなトレーニングのことです。

家でできるトレーニングは、腕立て伏せや寝転がっての腹筋や体幹トレーニングなど、基本的に自分の体重を利用したトレーニングしかできません。

これでもトレーニングにはなりますが、自重のトレーニングだけでは段階的にレベルアップをすることができない。

よって僕はジムに通ってトレーニングをしようと決意しました!

スポンサーリンク

筋トレを始めた理由と目的

僕が筋トレを始めた目的は以下の3つ。

  1. テニスで強くなるため
  2. 自分に自信をつけるため
  3. ガリガリを脱するため

です。

テニスで強くなるため

moerschy / Pixabay

筋トレを始めた一番の動機はこれ。テニスで強くなりたかったからです。

僕は大学生活では今のところ

  • テニス
  • ブログ
  • 法律に関する勉強

を頑張ろうと決めていて、今現在生活の中で一番重きを置きたいと考えているのがテニスです。

テニスは始めてからもう3年以上経っていますが、未だに練習すればするほど上達するのが実感できます。

練習するたびうまくなることを感じるのがほんとうに楽しくて、テニスは本当に大好きです。

しかしテニスを上達させるためには、テニスをして技術的に上達するだけでなくテニスをする体そのものを鍛える必要があります。

ですが、僕は今まで筋トレが大嫌いでした。

俊敏な動きができなくなるとか筋肉をつけすぎると動きづらいからとかいろんな理屈をこねくりまわして筋トレを遠ざけていました。

しかし、本当にテニスをうまくしたいなら絶対にフィジカルの強化が必要なこともわかっていました。

ですが筋トレからは相変わらず目をそむける日々が続きました。

しかし最近、ブログでテニスのことを書いたり、毎日気づきたらテニスばかりしている自分を振り返って

「俺って本当にテニスが好きなんだな」

とわかりました。

と同時に

「好きなら全力でやりたい」

という気持ちが僕を筋トレに駆り立てました。

トレーニングでテニスが上手くなるとわかっているのに、そこから逃げるのは違うだろうと自分で思うようになったのが、筋トレを始めようと思った一番のきっかけです。

自分に自信をつけるため

次の理由がこれ。自分への信頼、すなわち「自信」を身につけたかったからです。

これもブログにきっかけがあります。

僕の経験上、自分に自信がつくときというのは

何かに努力と挑戦を重ねて成果を出したとき

だと思います。

ブログを始めたことも僕にとっては挑戦でした。

このブログ自体が成功しているかどうかはさておき、僕はこのブログを毎日更新するようにしています。そして実際ここ70日ほどほぼ毎日更新をしています。

70日間ブログを書き続けるのは簡単じゃありません。意外と大変です。

面白い記事じゃなくても、ずっと更新し続けるのは大変です。

でも、更新を続けていると

「ずっと続けられてる俺すごい!」

と思えます。続けられていることが直接自身につながります。もちろんこれはブログに限りません。

こういう小さなところで自分を褒めてあげられるとすごく自信がつきます。なんというか、自己肯定感が強まります。俺はできるんだという自分への信頼が高まります。

だから、自信を増やすための挑戦を今度は筋トレという分野でやってみたいのです。

筋トレを続けて強い体を手に入れたいという想いと同時に、筋トレを毎週頑張ることで得られる自分への信頼感のために僕は筋トレをしたいのです。

そのついでとして強い体が手に入れば御の字ですが!

ガリガリを脱するため

最後の理由がこれです!

僕はガリガリのペラッペラのほねっほね人間です。

虚弱体質なわけではありません。運動は大好きです。テニス大好き。

ですが、テニスというスポーツは比較的筋肉がなくてもできてしまうスポーツです。テニスでは体の使い方がものをいうからです。

でも、筋肉がいらない割によく動くスポーツなので、体からエネルギーばかりが飛んでいきます。

なのに僕は人並みにしか食べないので痩せてしまいます。

そういう理由で痩せているので、痩せてても日常生活で特段困ることはありません。

しかし人間社会(特に男性社会)では

体格のいい人や筋肉のついた人はすごい

みたいな風潮がある気がします。少なくとも僕の周りでは。

その空気の中でバッシングの対象になるのがヒョロガリです。はっきり言葉にはしませんが、体格のいい人やマッチョは痩せた人を見下す傾向にあります。(全員ではありません)

男社会にいる以上、このマッチョを頂点とするヒエラルキーから逃れることは多分一生できません。

それなら僕は見下されるヒョロガリではいたくない。せめて細マッチョくらいでもいいからしっかりと鍛えられた体にしたい。単純に見栄の問題です。

そう思ったのが僕が筋トレを始めた3つめの理由です。

まとめ

Pexels / Pixabay

もっかい要約すると、僕が筋トレを始めた理由は

  • テニスのため←大好きなテニスに妥協したくない
  • 自信をつけるため←俺は努力できる人間だという自信がほしい
  • ヒョロガリが嫌←男社会で見下されたくない

です。そんなこんなで筋トレを始めました。

もうすでに2回ジムにいったのですが、その感覚からして僕みたいに痩せている人にとっては筋トレは楽しいかもしれません。

なぜなら痩せている人ほど筋トレの結果は出やすいですし、自信をつけるためにすごく目標設定しやすいのも筋トレのいいところだからです。

僕もいつまで続けられるかわかりませんが、ここに書いた目的を見失わずに頑張っていきたいです。

ブログを続けられる僕なら続けられると信じてやっていきたいと思います!

それではまた会いましょう!さいなら!