一年前国立大を受験した僕が受験生へ言いたいこと1つ!

こんにちは。暇人大学生ブロガーです。今日もテニスをして家で朝ごはんを食べて午後は授業に行く予定です。大学生ってほんとやりたいようにできるんですよねー!

世間がクリスマスや年末に盛り上がっている中、そうは言ってられない人々がいます。

受験生です!!

僕も昨年は受験生でした。この時期は受験生にとって本当に山場ですよね。センター試験まであと一ヶ月を切り、一年前のこの時期は、センターの追い込みのためにピリピリした年末だったことを思い出します。僕は倫理政経選択だったため、まだ復習しきれていない政経の勉強を猛烈にやっていました。こんな時期にまだ終わってないんかって感じですよね笑。今日はそんな受験生へ、僕が受験のためにやっていたこと、意識していたことを伝えたいと思います!少しでも役に立つと幸いです。




体を大事に!

今日で今年の学校が終わりという人も多いかと思います。この冬の休みの時期、きっと受験生の方々はこの時期こそが追い込みの時期だとばかりに勉強すると思います。実際、僕もやっていました。

ですが、僕は受験においてひとつ大事にしていることがありました。何かというと

体を大事にする

ということです。もちろん受験ですから必死こいて勉強するのは大切だし、ぶっ続けで勉強してそれが頭に入る天才のような人もいるかもしれません。ですが、受験するのは自分です。受験した後にその大学で生きていくのも自分です。なので、その途中経過である受験で自分がぶっ壊れてしまってはどうしようもないのです。

受験勉強を体を削って修行する時間のように捉える人もいるかもしれませんが、結局受験勉強をしている時間も大学に入ったあとの時間も同じ人生なので、受験勉強する時間が人生の中でつまらない時間になってしまえば、たかだか受験のために人生をドブに捨てているようなものです。そんなのはもったいない。もっと生活の質を上げて、受験勉強を楽しんでしまいましょう。

また、ほどほどにすることを忘れて勉強ばかりして体を壊せば、試験でのパフォーマンスは下がってしまいます。最悪、試験を受けられなくなってしまいます。

それに、僕は大学生になってから一人暮らしを始めたので思うのですが、家族とゆっくり過ごすことのできる年末というのはとても贅沢な時間です。小さいうちは当たり前に思っているかもしれないけど、大人になるにつれて確実に今の家族と過ごせる時間は減っていきます。なので、たまの年末、正月の1日くらいシャーペンをおいてゆっくり過ごすことをおすすめします。それが終わればまた切り替えてガリガリ勉強すればいいのです。休憩を挟むことで、いままで半分作業と化していた勉強に少し新鮮さが戻ってくるはずです。

具体的にどうするか?

imgp0270

僕が受験するときにやっていたのは

・少しの運動
・11時くらいには寝る
・家族とゆっくりご飯

です。塾に行っている人で、ゆっくり飯食う時間なんてねぇ!という場合もあるでしょうが、思っている以上に食事というのは大切です。また、僕は、夜は寝ないと活動できない人なのでさっさと寝ていましたが、よっぽど夜勉強するのが得意でなければ、さっさと寝たほうがいいです。眠い状態で勉強するのは無駄です。疲れを溜めなければまた翌日頑張ることができます!

これから大変な時期だと思いますが、勉強を頑張る自分をいたわって合格まで一直線に向かってください!応援しています。