運営のコツ

【実体験】Login rebuilderでログインページを表示できないときの対処法

Login rebuilderを入れてブックマークしたのにログインページに入れない!

そんなときの対処法を教えます。

僕も朝起きたらログイン画面に入れなくなっていて焦りましたが、もうログインできるようになりました。

あせらず作業しましょう。大丈夫です。

アクセスできなかった原因

まず結論からいうと、僕がアクセスできなかった理由はLogin rebuilderのURL設定時、URLの末尾に「.php」を付け忘れたからのようです。

無事やり直したところちゃんとログインできるようになりました。

次に、直し方を解説していきます。

FTPの管理画面にいく

まず最初に、ftpの管理画面にいきましょう。

FTPというのはWordPressの中身を操作するFile Transfer Protocolの略です。

契約しているサーバーのページに行き、ログインすればこれの管理画面が見られるはずです。

絶対あるはずなので頑張って探してみてください。

僕の場合はiPadのFTP Managerというアプリから管理しているのでそれを表示しました。

以下、この方の記事を参考にしつつ作業を進めたので分からなかったらこちらも参考にしてみてください。

【対処法】Login Rebuilderで変更したURLを忘れた!!

FTP管理画面を操作する

※注意点として、先にWPをバックアップしてからやってください!

FTPの管理画面が表示できたら、最初にpublic_htmlというファイルを探してください。

次に、直したいサイトのファイルを開いてください。

すると、直したいサイトのファイルの下に自分で設定したログインurlの名前がついたファイルがあると思うので、そいつを消します。

そしたらもう一度Login rebuilder使用前に使っていたログインページのURLで検索してみてWordPressにログインし直してください。

多分ちゃんと表示できるはずです!!

Login rebuilderを設定し直す

最後にLogin rebuilderを設定し直して終わりです。

ちゃんとURLの末尾に「.php」をつけるのを忘れないようにしてください。

この後

  • 元の管理画面URLからちゃんとトップページにリダイレクトされるか(403屋404が表示されるか)
  • 設定したURLにログイン画面が表示されるか

を確認して完了です。お疲れさまでした。

まとめ→困ったらFTP

ということで、何がプラグインを入れたり新しい設定をしたりするときはバックアップとFTPソフトは必須になります。

日頃から気をつけていきましょう。

を選ぶ 自分のサイトを選ぶ ログインurl名の付いたファイルを削除 これでログインできた 原因は.phpを付けなかったこと

ABOUT ME
アバター
とおる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。
他にもこんな記事があるよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です