【ブログ初心者向け】簡単3ステップ!Google Analyticsの導入方法を解説

はじめに

 

ブログを始めたばかりのときは、ブログサービスへの申し込み、ドメインの取得、サーバーとの契約、テーマの作り込み、などなど…やらなきゃいけないことがたくさんありますよね。

 

あれもこれもはじめて見るものばかりで何をはじめにやればいいのかわからない方が多いと思います。

 

今日紹介するGoogle Analyticsは、ブログやサイト運営をしている方はみんな使っていると言えるくらいの必須アイテムで、我々のウェブサイトのアクセスを解析してくれます。

 

 

 

詳しくは上の記事に書いているので細かくは説明しませんが、かんたんに説明しておくと、Analyticsを設置することで自分のブログにどのくらいアクセスが集まっているのか、どんな人が見てくれているのか、どんなページを見てくれているのかなどを目に見える数字で知ることができます

 

よく見る月間10万pvなどの数字は Analyticsを通じて把握されていることがほとんどですので、ウェブサイトを作ったばかりの方はぜひぜひ登録をしてみましょう!

 

[toc]

 

導入はカンタン3ステップ

 

Analyticsの導入は

  • Googleアカウントを作る
  • アナリティクスアカウントを作る
  • トラッキングコードを設置する

の3ステップです。Googleアカウントを持っている方ならたった2つです。非常にかんたんですね。細かく説明していきます。

 

個人情報の危険なし

 

Google Analyticsを導入する際に個人情報の心配はないの?と思うかもしれません。

 

ですが、入力しなければならないのは、姓、名、メールアドレス、電話番号(任意)、誕生日、アカウント名、ウェブサイト名、ウェブサイトのURL、業種、タイムゾーンなどです。

 

個人の特定につながる情報はほとんどありません

 

あってもだいたい任意ですから、個人情報に関する心配はほぼないと言っていいでしょう。

 

初めてでもとりあえずやってみるべし!

 

ブログを始めて間もない頃は、常に新しい何かをするたびに失敗するのではないかという不安がありますよね。

しかしアナリティクスの設置自体はすごく簡単ですし、アクセス解析がサイト運営のやる気に繋がることもあるので、初心者でもどんどんやってみることをおすすめします!

 

スポンサーリンク

設置の手順

 

Googleアカウントを作る

 

まずはGoogleアカウントを作っていきます。ブログやサイトの運営をしていてGoogleアカウントを持っていないという人はごく少数かもしれませんが、解説をしていきます!

 

手順

 

まず最初に下のGoogleのアカウント新規作成ページへ行きます。

 

ページに飛んだら必要事項を入力し、一番下の次のステップをクリックします。

 

 

次に、利用規約の確認を求められるので、下までスクロールし、規約に同意しましょう。

 

そして、電話番号もしくはメールアドレスを使いアカウントの確認を行います。

 

電話番号を使う場合テキストによる確認と電話による確認の2通りがありますが、電話による確認は機械音声によるものなので電話をかける煩わしさはありません。安心してください。

 

 

電話もしくはテキストで送られてくる数字を入力すれば、作業は完了です。

下のような画面が表示されれば、アカウントの作成は完了です!次にアナリティクスのアカウントを作っていきましょう。

 

アナリティクスアカウントを作る

 

Googleアカウントを作成できたら、次はアナリティクスのアカウントを作っていきます。

 

まずはGoogleのアナリティクスのアカウント新規作成ページに飛びます。下に少しスクロールすると画像のようにいくつかのGoogleのサービスが出てくるので、Googleアナリティクスを選び、緑色の「ご利用開始」をクリックしましょう。

 

ご利用開始をクリックすると下のような画面が出てくるため、右側の「お申し込み」をクリックします。

 

次に、下のような画面が出てくるのでサイトのURL等必要事項を入力しましょう。

 

アカウント名、サイト名は後からでも変更可能です。画面をスクロールすると、下の方にたくさんチェックボックスが出てきますがそのままで構いません。

 

 

「トラッキングIDを取得」をクリックすると、下のような利用規約確認画面が出てきます。

これを読んで「同意する」をクリックすれば、アナリティクスアカウントの作成は完了です。最後にトラッキングコードの設置方法について見ていきましょう!

 

 

トラッキングコードを設置

 

最後に、トラッキングコードの設置手順について解説します!

 

トラッキングコードの導入はカンタンです。おおざっぱに手順を確認すると

 

  1. まず最初にアナリティクスにログインして
  2. トラッキングコードをコピーし
  3. WordPressの管理画面へ行き
  4. テーマの編集でheader内にコードを貼り付ける

 

だけです。順に説明します。

 

 

アナリティクスにログイン

 

まずはアナリティクスにログインします。そして管理画面の左側あるメニューか→トラッキング情報→トラッキングコードとクリックします。

 

すると下のような文章が表示されます。

 

ウェブサイトのトラッキング

これは、このプロパティのユニバーサル アナリティクス トラッキング コードです。
このプロパティでユニバーサル アナリティクスのメリットを最大限に活用できるよう、このコードをコピーして、トラッキングするすべてのウェブページに貼り付けてください。

 

この下に〈script〉で始まる英語混じりの暗号みたいなものが出てきます。これがトラッキングコードというものです。

これをすべてコピーしましょう。コピーはCtrl+Cでできます。

 

↑こんな感じ。枠内の暗号をすべてコピーしましょう。

 

WordPress管理画面でheader内にコードを配置

 

つづいて、Wordpressの管理画面に入ります。左側のメニューの「テーマの編集」をクリックし「header.php」を開きましょう。

 

そして、header.php内の〈/head〉の直前にコードをそのままペーストします。ペーストはCtrl+Vでできます。

 

〈/head〉の直前というところがミソなので、間違えないようにしてください。これでトラッキングコードの設置は完了です。

 

コードが正しく設置されているか不安なら

 

コードの設置はこれでOKですが、ちゃんと設置されているか不安な場合は、確認をしましょう。確認の方法は

  1. 自分のサイトを表示
  2. ソースを確認
  3. ページ内検索

をすれば確認ができます。

 

まず、検索なりWordpressの管理画面からのプレビュー機能なりを使って自分のサイトを表示します。

 

※テーマがWordpress管理者のアクセスをトラッキングしない設定になっている場合は、そのままではソースを確認してもトラッキングコードが表示されません。Wordpressからログアウトしてから自分のページにアクセスしてください。

 

次に、ソースを確認します。ソースというのはページを形作るプログラム言語のことで、通常アナリティクスのトラッキングコードもここに表示されています。

 

このソースは、PCの場合は本文を右クリック→ソースの確認からソースを確認できます。

スマホの場合はアドレスバーをタップし、通常のサイトアドレスの先頭にview-source:とつけ加え検索をすることでページのソースを見ることができます。

「view-source:サイトアドレス」というふうに入力すればOKです!

 

そしてソースコードが表示されたら、ページ内検索をします。

 

PCの場合はCtrl+Fを、スマホの場合はブラウザのメニューの中にあるページ内検索を使って自分のトラッキングID(UA-○○○○○○)を検索します。IDはアナリティクスにログインすればトラッキングコードと一緒に書いてあります。

 

これでソース内にトラッキングIDが出てくれば正しくコードが設置されています。デスクトップとモバイル表示の2通りがある場合は両方確認しておくとより確実ですね。

 

注意点

 

アナリティクスを導入しても、うまく計測ができない場合があり、そんなときに注意してほしいことがいくつかあります。

基本的には上記の方法で確認しておけば計測ができないことはほとんどないのですが、いくつか落とし穴があるので知っておくと良いでしょう。

 

プラグインやテーマに気をつけて

 

WP Touchというプラグインがアナリティクスに悪さをする場合があります。

 

このプラグインはカンタンにモバイル対応ができる優れもののプラグインなのですが、このプラグインで適用されるモバイル版のテーマは、デフォルト(=初期状態)ではアナリティクスのコードを表示できないので、ほうっておくとスマホからのアクセスだけが計測されないという事態が起きてしまいます。

 

詳しい対策方法についてはこちらの記事で書いてありますので参照ください。

 

http://wp.me/p8Rp6x-i8

 

 

トラッキングコードを重複させない

 

トラッキングコードの重複というのは、何らかのミスやプラグインの働きによって本来1つでいいトラッキングコードを間違って2つ設置してしまうことです。

 

これをしてしまうと、一回の訪問が二回分カウントされてしまうため正しいアクセス解析ができなくなってしまうためなるべく防ぎたいところです。

 

二重設置を防ぐ方法について詳しくはこちらの記事に書いてありますので参照してください。

 

【Google Analytics】直帰率が極端に低い時はトラッキングコードの重複を疑うべき
先日書いた記事の中で、google analyticsの直帰率がとても低いということを書きました。 調べてみる…

 

 

トラッキングコードの抜けをなくす

 

他にも様々な原因でトラッキングコードが抜けてしまうことがあります。

 

トラッキングコードが抜けてしまうと正しい計測結果が得られなくなってしまうので、上記のようなアナリティクスコードの設置を確認する方法は覚えておきましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事の内容を簡単にまとめると

 

  • アナリティクス導入の手順は3ステップ
  • 難しくないのでとりあえずやってみる

 

です。

 

今回の記事では初心者の方が初めてアナリティクスを導入することを念頭に丁寧に解説をしたので長くなってしまいましたが、導入の作業自体はとてもカンタンなので積極的に試してみてください。

 

アクセス解析ができるようになり、見てくれる人がいることを実感できるとブログ更新のモチベーション維持にもつながるのでやってみてくださいね!

 

それでは!

 

運営ノウハウ
スポンサーリンク
のーるをフォローする
この記事を書いた人
のーる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。
のーるをフォローする
やりたいことだらけ

コメント