一人でいるのが好きだった僕が人との付き合いを大切にしたいと思った2つの理由。

みなさんは一人でいる時間と誰かといる時間のどっちが好きですか?

僕は以前、一人でいる時間のほうが好きでした。

ブログ書いたり、ランニングしたり、一人でいろいろ考えたり、ネットサーフィンをしたりといった一人でゆっくりとできる時間をすごく大切にしていました。

僕の一番の趣味はテニスなので、当然テニスをしている間は誰かと一緒にいる時間です。もちろん、テニスを誰かとしている時間は大好きです。

でも、人と関わるのがめんどくさい時が定期的にありました。

誰かと関わるのがめんどくさかった

でも、ひとたび一人暮らしの家に帰ると、とたんに一人でいる時間が尊く感じられてくるのです。

そうなると、家にいる間は人との関わりを極力断ちたくなり、LINEの返信をしなくなるのが僕でした。

一人の時間を大切にしようとすることで、夜突然飲みに誘われたり、突発的にイベントに誘われたりしても僕のフットワークは重い。

そういう何か友達が誘ってくれたものも、「金がないから」とかもっともらしく理由をつけて断っていました。まぁ実際そんなにお金はなかったのだけど…。(笑)

僕が一人の時間を大切にしようと思っていたのは、人といる時間がもともとすごく長かったからかもしれません。

サークルのイベントや試合も多いし、何も考えずに過ごしていると強制的に誰かと一緒にいさせられるうるさい日々が、僕を一人の時間に導いたのかもしれません。

でも、最近になってある出来事を経てこの考え方は変わりました。

スポンサーリンク

風邪をひいた

当たり前に会えることはありがたいこと

7月の中旬頃に記事にした覚えがありますが、そのころに風邪を引きました。

39度いかないくらいの高い熱が出て一人でひたすら寝込んでいました。一人暮らしだったので特に助けを求める誰かもおらず、ただひたすら寝ていました。

でも、そうして何日も一人でいると無性にみんなに会いたくなります。

誰にも会えないことで、気分がどんどん落ち込んできます。うつ状態。

普段なら友達と一緒にいて当たり前なのに、それが風邪で叶わない時になって、ものすごく貴重な時間だったんだと知りました。

一人では何もできない

一人で寝込んでいる中でもブログの更新は途絶えさせたくなかったので書き続けました。

しかし、なかなかいいネタが見つかりません。どういうテーマで書こうかと頭のなかはぐるぐる回転しますが、浮かんでくるのはどうでもいいアイデアばかり。

やっとこさでひねり出した記事も、いざ書き始めると内容が膨らまない。こんな記事で見てもらえるのだろうかと不安になるレベルの記事しかかけません。

僕は記事というのは僕の経験を他の人の役に立てるものだと思っています。

面白い記事とは、強い意志と目的意識を込めて何かをやった体験だったり、そこでわかったことだと思います。

つまり、風邪を治すために寝なきゃいけないのに、寝ず布団でにブログをむりやり書いた僕の記事が面白くないのは当たり前のことです。目的意識も強い意志も足りてません。

そんな時にブログを書くこと自体が根本的に間違ってるのです。風邪の体験談なんて治ってから書けよって話です(笑)

本当に一人になってしまうと僕一人では何もできない。この経験を通じてそう思いました。

人は誰かと一緒に生きるようにできている

Olessya / Pixabay

人と会えないだけで鬱になる。一人では満足に風邪を治すことも価値を生み出すこともできない。

このことを実感して僕は

人は誰かと一緒に生きるようにできている

のだとはっきり感じました。

僕は一人じゃ何もできないし、一人でいると気持ちが落ち込みます。

僕だけじゃなくて、みんながそういう気持ちを持ち合わせているから、人類が社会をつくって生きているんじゃないかなと、そう思いました。

スポンサーリンク

友達と過ごす時間を大切に

だから僕は誰かといる時間を大切にしていきたい。

友達の存在は偉大です。腹の立つ時があっても、なんだかんだ自分のことを助けてけれたり、話を聞いてくれたりしてくれる友達は大切にするべきです。

ご飯は友達や家族と食べたほうがうまいし、遊ぶときやテニスをするときは相手がいたほうが断然楽しいです。何やってても相手がいたほうが楽しいです!

だから、自分の信頼できる人、あるいは将来そうなるかもしれない人との付き合いにお金や時間を投資することは無駄じゃないと思います。

家にこもってブログ書くよりも人間として大事な何かを得られると僕は思います。

だから僕はこれからは人との付き合いを大切にしていきたいと思います!それでブログの更新頻度が下がったらスミマセン(笑)

でも、更新されてなかったら、まびは人付き合いを大切にしてるんだなくらいに思っておいてくださいね。

それでは今日はこんな感じで。また会いましょう!