天体観測が大好きな僕が2017年に1番おすすめするイベント!

「山頂の樹氷と夕暮れ山頂の樹氷と夕暮れ」のフリー写真素材

寒い冬も本番になってこたつから離れられなくなってきました。みかんがほしいです。みなさん、年末の予定はきまりましたか?僕は正月は実家に帰ってゆっくり家族と過ごそうと思っています。家族で過ごせることはあんまりないのですごく楽しみです!
冬ってすごく寒いですよね。でもそんな冬にもひとつだけいいところがあります。それは……

空気がめっちゃ綺麗なんです。

「そんなんしっとるわ!!だからなんじゃ!!」って言いたいかもしれませんが、何が言いたいかというと

星がよくみえるんです!!

「それだけかい!!」

「それだけです!!」

はい、すいません。僕は星を見るのが好きなんです。冬って空気が澄んでいて、晴れている日が多いので夏に比べて星が見える見える!

中学校のころから、流星群があるたびに友達と一緒に公園で寝て凍死しそうになりながら星を眺めていました。ついつい星を見るのを忘れて喋ってばかりになって、親にメールで怒られて家に帰って…そんなことが何度もありました。ひとり暮らしの今では遅くまで外にいても怒ってくれる親はいませんけどね。笑

そんな星が大好きな僕が2017年で最も楽しみにしている天体イベントは、ズバリ…

しぶんぎ座流星群!

です。流星群とは、流れ星がたくさん、時に1時間に数十個という単位で見られるロマンチックな天体現象です。ひとくちに流星群と言っても、1年を通じていろいろな流星群が観測されます。数ある流星群の中で、なぜ2017年にしぶんぎ座流星群がおすすめなのか、その理由を説明していきますね!




流星観測に必要な条件とは?

フリー写真 天の川と流れ星の風景

まず、流星観測のやりやすさを決定する重要な要素について話していきます。

この世には、1年を通じて3大流星群と呼ばれるものがあります。それが、しぶんぎ座流星群ペルセウス座流星群ふたご座流星群の3つで、これらは他の流星群と比較すると、例年安定して多くの流星が見られることで知られています。

ですが、毎年その時期になれば必ず流星がたくさん見えるわけではありません。様々な条件が重なって、よく見えたりあんまり見えなかったりします。主な条件として、皆さんに身近なのは天気でしょう。星は晴れなきゃ見えません。当たり前です。他にも、主な条件として

・極大時刻は夜か
・月は沈んでいるか、月齢はどうか
・たくさんの流星が出現するか

などがあります。

極大時刻というのは、流星の数がピークとなる時刻のことで、これが夜の空が暗い時間帯だと流星がよく見られ、反対に、これが昼間だと夜になる頃には極大時刻を過ぎているためあまり見えなかったりします。

また、極大時刻周辺でしか流星が見えない流星群もあれば、前後数日は極大時刻と同じくらい見える流星群もあります。前者の場合は極大時刻が夜かどうかがとても重要になります。ちなみに、しぶんぎ座流星群は前者です。

ムーン, サイプレス, 山, 月の出, 満月, ロマンチックな, 夜, 夕暮れ, ほとんど夜

また、月明かりも重要な要素です。
天体観測では、空が暗ければ暗いほど観測がしやすいので、月明かりはなるべく少ないほうが見やすいです。つまり、天体観測で理想的な月の状態とは

・新月である

もしくは

・月が極大時刻では沈んでいる

のどちらかになります。ここも結構重要です。

3つめの出現する流星の数については、誰にも予想できません。見に行くまでわかりません。見に行くまでのお楽しみです。

つまり、月明かりや極大時刻などの条件を満たしているかどうかが、流星観測の予想をする際に重要なのです。

前置きが長くてすいません。

なぜしぶんぎ座流星群がおすすめなのか?

簡単です。

上で書いた観測条件がとてもいいからです!

来年の流星群の観測条件を表にまとめてみました。

月齢 極大 月の入り
しぶんぎ座流星群(1月) 1月3日23時 24時ごろ
ペルセウス座流星群(8月) 20 8月12日21時 24時ごろ
ふたご座流星群(12月) 25 12月14日9時 14時

こんな感じです。
他の流星群もなかなかいいですがしぶんぎ座の観測条件も良いことがわかりますね!

これが、僕が2017年にしぶんぎ座流星群をおすすめする理由です。

流星群を見に行きたいと思った人へ!

雪だるま, クリスマス ツリー, 新しい年の前夜, クリスマス, 雪, 自然, 冬, 休日, 祝い, 飾り

この記事を見て流星観測へ行こうとしている方、ちょっと待って!!

なんか忘れてませんか!?

「いま冬ですよ!?」

この時期に星を見に行く人にいいます。ほんつっっとに寒いです!防寒対策だけは絶対に怠らないでください!凍死しても僕は知りません。気をつけてね。

あと、レジャーシートとか敷物があると寝っ転がって見れるので楽ですよ。動かないので手足がシャーベットみたいになりますが笑。

流星群についてわかったところで、天気予報を確認できたら皆さんも空の暗いところへ行ってみましょう!レッツゴー!

それでは!