スマホなんて消えてしまえばいい。

皆さん、スマホ使っていますか。今の時代はスマホによってとても便利になりましたよね。

僕も、朝起きてスマホのチェックをし、ニュースを聞いたりラジオを聞いたりし、LINEで今日やることや予定を確認し、通勤にはスマホで電車の乗り換えを調べ、授業では辞書代わりに使い、カメラやメモとして、電話として、動画再生機として…と日常生活でスマホを使う場面は数え出すとキリがありません。それほど僕の生活に無くてはならないものになっています。僕の生活を蝕んでいるといってもいいくらいです。




スマホの弊害

LINEがプライベートに侵入してくる
Image result for LINE

そんな中で特に僕が日常生活になくてはならないと思っている機能の一つが、無料通話アプリ「LINE」です。僕は立場上たくさんの人から、四六時中メッセージをLINEで受け取ります。休日でも、家に一人でいてゆっくりしたいと思っていても、そんなことはお構いなしにLINEは僕の家に土足で入り込んできます。だから僕はLINEは大嫌いです。

当然といえば当然ですが、僕がいくら返信がおっくうだからといっても、LINEアプリをスマホに入れていることが周りの人に知られている以上、皆は僕に対してさっさと返信をよこせと要求してきます。直接的な言葉ではないにしろです。

LINEは便利です。一瞬で、指でサッと送信ボタンに触れるだけですぐメッセージを送れてしまいます。だからこそ、本来会ったときに話せばいいことや、会ってもとりたてて話さないようなどうでもいいことまでLINEで送ってきます。昔だったら会って話せばすんだことに、今では僕たちは24時間コンビニのように応対しなければいけません。こんなの僕は面倒くさくてたまりません。

ですが僕は何も友達とLINEで話すことが嫌だというわけではありません。もちろん、「会って話して済ませればいいじゃないか」とは思います。ですが僕が嫌なポイントはそこではなくて、事務的で仕事的なものまでLINEに侵入してくるのが一番嫌なのです。

ストレスや面倒ごとから一瞬でも現実逃避して心を休めたいと思っているときに、「LINEを確認しなきゃまたやらなきゃいけないことを見逃して、逃避したい現実がもっと面倒なことになってしまうのではないか」。そんなことを考えていたのでは、家でこたつに埋まっていても、心は会議室にいるようなものです。全然落ち着きません。

そういう日にLINEを見ないと、翌日たくさん通知のたまったLINEを開くのが怖いです。だから僕はなるべく一日に2回くらいは最低でもチェックするようにはしています。ですが、心底面倒です。

だから、僕の中でLINEは、最も生活から切り離せない機能であると同時に、真っ先に消えてしまって欲しいと思う機能でもあるのです。

スマホに時間を取られる

imgp0529

ぼくは、スマホを捨ててしまいたいと思った時期が何度かありました。その理由は、スマホは僕にとって、時間吸取り機だと感じたからです。

僕がスマホをいじっている時間は、だいたいブラウジングかYouTube、次にLINEに費やされます。その時間が僕にとって完全に無駄だとは思いませんが、その時間が無くても僕は健全に生きていけることは間違いないです。

もちろん、目的のある検索もあります。ですが、たいした目的もなくただ暇をつぶすためだけにスマホに時間を使ってしまっているというのが多くの人の本音ではないでしょうか。僕にとって、そういう時間の使い方は生み出すものが少なく、何をやっていたのかと聞かれてもはっきり答えられないので、自分は何をやっていたんだろう…と自己嫌悪に陥りかねないし、なにより自分が空っぽな人生を送っているような気がしたので、やめようと思いました。

ですが、やめるためにスマホを生活から排除しようと思ってもそれができない原因があります。LINEです。僕がスマホを捨てることで、膨大な数の人達が僕にメールで連絡することを強いられます。たとえ僕がLINEを捨てたことで大事な情報を知ら無いまま何かが起きたとしても、他の人は僕に「こないだグループLINEで話したから知ってるでしょ!」とは言えなくなります。面倒くさいやつだなと思うことでしょう。だから、LINEをやめたくてもやめることで発生する面倒ごとが多いから、やめることができません。それほどLINEは皆の生活に深く根付いてしまっています。

スマホのすごいところ

map

今までさんざんスマホに消えて欲しいとかくそだとか言ってきましたが、すごくいいと思う機能や、スマホの恩恵を感じることもあります。それは、どこにいても一瞬で遠くの人とつながることができるということです。

僕は昔仲のよかった友達がいましたが、その友達は今事情があってアメリカにいます。ですが、僕は連絡しようと思ったら一瞬でLINEの電話を使って連絡をすることができます。日本とアメリカの距離はゆうに10000kmを超えます。それを飛び越えて一瞬でつないでしまう機能は見事としか言えません。本当にすごいと思います。

また、実家の家族に相談をしたいときや、少しさみしくて話がしたいときに、本当なら会いに行くために何千円かかけなくてはいけないときにも、電話は僕と家族をつないでくれます。本当にありがたいです。昔では考えられなかったことだと思います。

スマホは非常に便利だがその弊害が大きすぎる!

やっぱりスマホはすごいです。ですがその便利さに皆があぐらをかくことでたくさんの弊害が起こっていると思います。皆が便利さを享受して、その便利さを前提に行動することでたくさんのひずみが出てきているのが便利な現代社会の現状だと思います。

結局、僕が考えたLINEとの1番いいつきあい方は、なるべく人に会ったときに何か用事が無いかを聞いておき、話して言えることはなるべく直接話すことです。どうでもいいメッセージについてはどうでもいいなりにストレスにならないように、返信したいときにお互いゆるゆる返信していくことです。

そしてスマホで消費される時間を減らす方法は、とにかく何をするにも目的を持って情報収集をし、目的がないときにはスマホを置いておくことが1番だと思います。もしスマホを開かないとやることがないのなら、やることを探しにでかければいいんです。

だから、インターネットでしか得られない情報を探したいときにスマホを使って、そうでないときには自分の足を使って情報を求めに行く方が、人生において大事だし、僕の精神衛生上いいんです。なので、そんなところを意識して、このスマホと上手につきあっていく方法を模索し続けます。よりよい人生のために。皆さんも自分なりのつきあい方を探してみてください。それでは!