テニサー

テニサー幹部になって良かった本気で思っていること【後輩にモテる】

僕は以前「テニサー幹部はまじでブラックだからやめとけ」みたいな記事を書きました。

その通り、基本的にテニサー幹部はならないほうが良いという意見に変わりないのですが、良かったところもあります。

ほんとに数少ないですが、紹介していきたいと思います。

ちなみに、後輩にモテる場合はあります。マジで。

飲み会に慣れて若干コミュ力が上がる

まず1番しょぼいメリットから。

テニサーの幹部になると必然的に飲みに参加する回数が増えて、飲み会に慣れます。

そして飲み会に慣れることで、飲みでコミニケーションを取ることにも慣れます。

結果、ちょっぴりコミニケーション能力が上がるんです。

若者
若者
飲みニケーションなんて時代錯誤だ!

って言う人もいるかもしれません。

実際、僕も割とそう思っていた側で、1年生の最初の頃は酒が嫌いでした

しかし、今では酒自体は好きでなくとも飲み会は割と好きです。

なぜかというと、お酒を飲むことによって、わりとシャイな自分でもすごく人と打ち解けやすくなる、ということを知ったからです。

 

あくまで、昨今飲みニケーションという言葉が叩かれるのは

  • 飲み会嫌いな人や酒飲めない人を無理やり連れて行く
  • 行きたくもない会社の飲み会に連れて行かれる

こういう文脈においてであって、一緒にいて楽しい友達や先輩と飲むのは悪いことじゃないと思うんですよね。

実際、あまり気乗りしない知らない先輩や友達との飲み会でも、行ってみたら楽しかったということは沢山ありました。

飲み会のちょっと酔っ払った状態じゃないと話せないようなことってあるし、そういうざっくばらん、フランクな感じで喋ると初対面の相手とかでもすごく仲良くなれたりするんですよね。

もちろん、僕も入学当初は

おれ
おれ
お酒なんて体に悪いし吐くなんて論外!!百害あって一利なし!!

って思ってました。

お酒の負の側面という意味でこれは間違ってはいません。

しかし、こういう昔の僕みたいな考えの人の中には、「お酒を飲んだこともないのに、お酒の良い効用を全然知らないまま食わず嫌いで頭ごなしに否定する人」がとても多いような気がするんですよね。

これは決して、飲めない人に無理やり飲めと言ってるわけでも、酔っ払って電車で騒ぎ立てたり迷惑かけることが許されると言ってるわけでもありません。

もちろんそういう度を越した飲み方はするべきではないと思います。

でも、お酒を飲むことで色んな人とコミニケーションを取りやすくなるという事実を知らないまま酒を嫌ってしまう人ってすごく多い気がしていて。

僕がお酒嫌いだったのが変わったのは、サークルの幹部になって半ば無理やり飲まざるを得ない状況になったからですが、多分こうしてサークルで半強制的に飲まされなければ、僕は間違いなく酒の良い面を全く知らずに頭ごなしに否定する側に回っていたと思います。

そう考えると、酒の場でコミニケーションを楽しめるようになったというのはサークルの幹部になったおかげ…とも言える気がするんですよね。

 

また、飲み会で飲まされる過程で、自分がどれくらいの量の酒を飲むとやばいのかという限界がわかったのもプラスでした。

一緒に飲むうえで、自分の限界がわかってない人って怖いですからね。

サークル内で知名度が上がる

また、サークルの幹部になることでただのサークル員に比べて圧倒的にサークル内での知名度が上がります。

なんか実態はそうでもないのに、幹部であるというだけで「〇〇さんはすごい人」みたいなレッテルまでついてきます。

まあ、知名度が上がるのはブラック企業並みにサークル行事に全参加しているので当たり前なんですが、、

ほぼブラック企業なのでテニサーの幹部にはなるな大学に入ってテニスサークルに入った!これからガッツリテニサーを楽しんでやる! そう思ってる大学新入生へ伝えたい。 テニサーの...

それでも、知名度が上がると

  • よく飲みや遊びに誘われるようになる
  • 初対面の相手でも知ってくれてる場合が多いので話しかけやすい
  • モテやすくなる(かも)

などの副次的な効果があります。

特に、新歓の時期など役職持ちは毎日休みなくサークルに出てきて全体を仕切っているので、後輩からの認知度がめちゃくちゃ上がります。

そのため、幹部の人は他の人に比べてモテます。もちろん人間的に魅力があることが大前提ですが…。

実際、僕と同期の別の役職持ちはそいつがナイスガイだったのもあって、新入生からめちゃくちゃモテてました。

僕はありませんでしたがww

 

また、大学のサークルでは実態以上に年上の先輩がカッコよく見える「先輩補正」がかかりがち。

それに加えてサークルを仕切っているとなると、頼りがいがあるように見えるのかもしれません。

とにかく、モテる云々以外にも幹部をやることによる知名度の高さが、サークル内での人間関係にも良い影響を与えてくれるのは間違いありません。

組織運営のノウハウを学べる

また、サークルといえど団体なので運営に携わることでちょっとした組織運営のノウハウが学べます。

僕はサークル運営を通じて

  • 大勢の人を指揮して効率よく動かすのは本当に大変であること
  • 自分がやるより人にやらせたほうが早いことはさっさと任せたほうが良いこと
  • 指示を出したり役割を振ったりすることはそれ自体が結構な手間であること
  • テニスの大会を開催する方法
  • サークル内でどんな風にお金が流れているか

など、いろんなことを学びました。

もちろん、幹部だった当時は

おれ
おれ
こんなクソだるい経験が役に立つとは思えない

と本気で思っていました。

しかし、今振り返ればここで学んだことを活かせば

  • 自分で社会人のテニスサークルを作る
  • テニスの大会を開催してお金儲けをする

なんてこともできます。まあ大会運営に関しては、元からあったサークル間の繋がりに頼った面もかなりあるし、自分一人で再現するのは難しいかもしれませんが…

それに、直接何かに活きなかったとしても、

  • サークルで大人数をまとめたり
  • サークル員の不満に対処したり

なんてことは、社会人になってもそう頻繁に経験できるものじゃありません。

貴重な経験をすることができたな、と本気で思っています。

しんどいけどなんだかんだサークルが楽しい

これが幹部になった一番のメリットかもしれません。

幹部になるとしんどい反面、サークルが楽しくなります。

僕は以前「サークル幹部はブラック企業」みたいな記事で

おれ
おれ
サークルの幹部になると強制参加の行事が多すぎてサークルにうんざりする

と、書きました。

それと矛盾しているように思えるかもしれませんが、そうでもありません。

なぜかというと、僕はサークルやテニスが嫌いなのではなくて、異常な頻度でサークルに行かなきゃいけないのが嫌なだけだから。

テニス選手がテニスを嫌いじゃないのと一緒です。

錦織のようなプロテニス選手は、厳しいテニスのツアーを転戦する中で、しんどい、テニスをやめたいと思うことがあると思います。

しかし、彼らのほとんどはテニスを引退しても多分何らかの形(コーチ、解説者など)でテニスに関わり続けるでしょう。

もちろん、それは自分の価値を最大化する道を選択した結果、テニスに携わるのが1番良いと思ったから仕方なく選んだのかもしれません。

しかし根底にあるのは「テニスが好き」という気持ちだと思います。

彼らはしんどいプロテニス選手としての生活が嫌なだけであって、決して嫌いなわけじゃありません。

 

同じように、僕はウンザリするほど多い強制参加のサークル行事に辟易していましたが、別にそれが原因でテニス自体が嫌いになったり、サークル員が嫌いになったりはしませんでした。

幹部になったからこそ生まれた人間関係もたくさんあったし、幹部としてテニスを強制された結果うまくなってよりテニスを好きになったことで、寧ろサークルもテニスも好きになりました。

 

その結果、4年生になった今では、サークルにいるのが1年生の頃よりも断然楽しくなりました。

 

こう考える自分を客観視すると、ふと

おれ
おれ
サークル幹部で嫌な思いをした自分を守るために、幹部になったことを正当化しようと脳が記憶を書き換えてるのかな?

と思うことがあります。まあ、実際のところはそうなのかもしれません。

でも、僕の認識的には全然そんなことないんですよね(笑)

 

今では、サークルにいると

「ああ、ここが自分のホームなんだな」

と、心の底から思うので。

 

幹部になってサークルにコミットしまくったことで、サークルがすごく楽しくなった

この点だけは、サークル幹部になって良かったなと本気で思っています。

 

終わりに

  • サークルの幹部はマジでしんどい
  • サークルの幹部は良いところもある

 

このどっちもが僕の本音です。

どちらかというと辛さのほうが鮮明に記憶に残っていますが、今サークルがすごく楽しいのは確実に幹部をやったおかげです。

幹部は辛いけど、それだけじゃないよということだけ伝えたかったのでこの記事を書きました。

ここまで読んでくれた方には伝わったと思うから、あとは幹部になるかどうかはおまかせします。

個人的にはオススメしませんが(笑)

 

最後まで読んでくれてありがとう〜

ABOUT ME
アバター
とおる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。
他にもこんな記事があるよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です