【テニス】強いスピンのかかったサーブの必須条件とは?

サーブ。テニスを長いことやっている人でもこれを力強く打つことができなくて悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

僕の所属しているサークルでも、ストロークが得意な人はいても、サーブが武器だという人は数えるほどしかいません。僕も、高校2年年大学1年間の3年強テニスをやっていますが、つい最近までストローク、ボレーはある程度打てても、サーブはからっきしでした。

フラットサーブは回転がかかっていないためなかなか入らず、スピンサーブやスライスサーブは回転をかけようとすればするほど勢いのないものになって、リターナーからすれば相当なチャンスボールばかりがいっていたと思います。ずっとサーブが弱いことは自覚していたので、ひたすらたくさん打てばうまくなるだろうと考え、ずっとサーブを打ち続けました。

しかしそんな努力も虚しく、一向にサーブは改善しませんでした。威力と確率が両立しないのです。しかし、いくらストロークやリターンが得意でも、サーブが打てないと自分のプレーヤーとしての未完成さを思い知らされます。

特にダブルスプレーヤーとしてサービスが弱いのは致命的で、いくらブレークしてもキープができないと負けてしまいます。味方を引っ張っていくためにもサーブを強くしなくてはいけないと決心しました。

サーブを強くするには


そしてネットでサーブに関する情報を調べました。僕はサーブに強いスピンをかける方法を知りたかったので、スピンサーブに関する情報を調べると、あるアドバイスが。そこには

「スピンサーブを打つなら絶対に手首を手のひら側に曲げろ」

とありました。初見の僕は「??」と思いました。親指側や手の甲側に曲げるならともかく、本当に手のひら側なのか?と。普段そんな風に曲げて打ったことはなかったのでびっくりしました。しかし、ものは試し。練習でやってみることにしました。

そして翌日その握り方でスピンサーブを打ってみるとなんと「ガシュッ」といつもより厚いあたりのスピンがかかりました。

驚きながらもそのままその握り方でスピンサーブを打つと、サーブがそれはもう落ちる落ちる。今までの「シュッ」という当たりのカスカススピンとは全然勢いが違います。何より、サーブが落ちたあと少しキックするんです。これには感動しました。

スポンサーリンク

この方法の注意点


何球もその握りでサーブを打ってみて気づいたことが2つありました。

少し厚めの握りでやるのがいい

今まであまり自覚していなかったのですが、どうやら僕のサーブの握り、コンチネンタルグリップは一般的なものより少し右側にずれていました。つまり少し厚い握りでした。

そこで、手のひら側に手首を向けることで、一般的な握りと同じ効果を得ることができます。なので、一般的なコンチネンタルグリップからさらに手首を手のひら側に曲げると握りが薄くなりすぎて逆に打ちづらいです。

スイングを終えるまで手首を固定

手首を手のひら側に曲げることは、グリップを薄くしてくれるだけでなく、手首を固定する役割も果たしてくれます。手首が固定されることによって、手首の操作で力を加えようとする動きがなくなり、サーブにパワーが出ます。

僕の場合はまだまだ練習が足りていないのでうまい当て方が出来るのは二回に一回くらいですが、この握りに変えて一番最初の試合では、3setでサーブのキープ率が80%でした!僕は今まで、呼吸をするようにサーブゲームをブレークされていたのでこれはかなり嬉しかったです!

まとめ


サーブに自然なスピンをかけるためには

  • 手首を手の甲側に曲げ、打つときに動かさない
  • 薄く握れているか確認する

このどちらかをしっかり確認してみましょう。みんながみんな僕と同じ原因でサーブに悩んでいるとは限りませんが、僕はこのグリップの握り方を変えることでサーブを大きく改善することが出来ました。サーブが苦手で悩んでいる方は試してみると良いかもしれません。

サーブに限らず、練習しても練習してもうまくいかない技術があるときは、上手い人が書いたノウハウに触れて、いちど違うやり方を試してみると良くなるかもしれません。僕はバックハンドやボレーは本当に苦手だったのですが、ネットでノウハウを学んでひたすら試して今ではむしろ得意になってきています。

すべてのショットを得意にしてテニスを楽しみましょう!
それでは!

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– 標準 記事下 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:inline-block;width:336px;height:280px”
data-ad-client=”ca-pub-5090105007662390″
data-ad-slot=”2793111866″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>