自分で稼げる人間になりたい

今日はとくにこれが便利だとかこれがいいとかいう記事じゃないです。たわいもない記事です。最近、社会に出て毎日通勤電車に乗ってやりたくもない仕事に忙殺されないためにはどうしたらいいのか。そんなことばかり考えています。




今の時代の働く人々を見ていると、就職してすぐ若いうちから毎日毎日朝早くから夜遅くまでずっと働き詰め。会社はやめて他のことをやると言ってもなかなかやめるにやめられず、ズルズルと定年まで他人の支配下で漠然と給料をもらい続けて終わる。それが楽しい、生きがいだという人もごく少数いるのかもしれませんが、ほとんどの人は自分が自分の意思に反して嫌々仕事をしていて、好きで仕事をしているという人々の中にも、自分が本当は嫌々仕事をやっているということを認めたくないがために、自分は仕事にやりがいを感じているんだと無理に思い込ませているような気がします。ぼくはそんな生き方絶対したくない。僕が一番嫌なのは、自分が食っていけるかどうか、生きていけるかどうか、金をもらえるかどうかを他人に支配されるところです。もしサラリーマンになってしまえば、自分が頑張っても儲かるのは社長で、自分の頑張りは自分に返ってこない。そんな人生はつまらない。だから僕は自分で稼げる人間になりたい。そう思っています。

しかし何かをするのは、社会人になってからでは遅い。大学にいるうちから今この時間のあるうちに始めなくちゃいけない。じゃあ具体的に何をすれば良いのか。僕の目標は大学にいるうちに自立し、月60万稼ぐことです。その目標のために僕がやるのは物販です。インターネットで物を売るチャンスが誰にも拓かれている現代、これを利用しない手はありません。そのためにはまずこのブログを成長させ、影響力を持ちたい。影響力を持てればいうことにも多少の説得力が出てくるだろうし、こいつが売っている物なら買ってやってもいいかと思ってもらえるのではないかと思うからです。そのための作業には全力を尽くしていきます。それでは。