格安SIM

格安SIMに不安を感じる人が知っておくべき決定的なデメリットとは?

格安SIMなんて不安、と思っている人は多いと思います。

実際、格安SIMには大手キャリアには絶対無いデメリットがいくつかあります。

実際に2社の格安SIMを使ったことのある僕が、詳しく説明します。

ちなみに僕が使ったことのある格安SIMは、0SIMとIIJmioです。

大手キャリアは高すぎ!僕が格安SIMに乗り換えてスマホ代を月5000円節約した方法【誰でもできる】スマホ代高いなあ、、 そう思っているあなたへ、スマホ代は確実に安くすることができます。 というか、日本でも節約が声高に叫ばれ...

格安SIMのデメリット

格安SIMを勧める多くのサイトには書かれていませんが、格安SIMには下記のようなデメリットがあります。

  • 通信速度が露骨に遅い格安SIMもある
  • サポート体制が貧弱
  • 手続き方法を自分で調べなきゃいけない

なので、格安SIMの導入を考えている方は

  • これらのメリットを自分が許容できるか
  • デメリットがあってもなお安いことに魅力を感じるのか

という点をしっかりと吟味したうえで契約することをオススメします。

そのほうが後々後悔せずに使えますからね。

それでは、詳しく見ていきましょう。

通信速度が露骨に遅い格安SIMもある

まず最初に、格安SIMの中には「安かろう悪かろう」的なものもあるということを知ってください。

もちろん、悪かろうと言っても完全に使えないなんてことはありませんし、すべての会社が品質が低いわけでもないです。要するに程度問題ですね。

例えば、僕の使っていた格安SIMの0SIMはSo-netというそれなりに有名な会社のものです。

しかし時折、ブラウザでの検索結果の表示にすら四苦八苦するくらい通信速度が遅くなることがありました。

ふつうは、格安SIMと言っても契約の際に申し込んだプランの上限内(1GBまで等)であれば、大手キャリアの通信と遜色ないスピードで通信ができる格安SIMがほとんどです。

動画やネット閲覧くらいであれば、遅延を感じないレベルで高速で表示ができて当たり前。

0SIMは500MBまでは無料という異色の価格設定なせいか、そもそも速度が低く、通常使用でもそれなりに遅いことはありました。

しかし、ブラウザでページが開けないとかならまだしも、検索結果が表示できないなど、よほど通信速度が遅くない限りありえません

検索結果なんて、おそらく通信制限にかかっているスマホでも問題なく表示できます。

それですら表示できないとなると、スマホとしての機能はせいぜいLINEくらい。ほぼ何もできません。

so-netってこういう品質なのか…とがっかりした記憶があります。安いからそこまで気にしませんでしたがw

しかし、IIJmioの場合、仮に通信制限にかかったとしても、検索結果が表示できなかったことなんて一度もありません。

割といつも早く、回線が混む夜でも使い物にならないほど遅くなる場面は皆無といっていいです。

このように、通信回線の品質が悪い格安SIMも存在します。だから、そういったハズレを一切引きたくないのであれば大手キャリアを選んだほうがラクです。

ただし、こういった「安かろう悪かろう」な格安SIMは、ネット上に無数にある口コミやレビューをしっかり見抜く力さえあれば避けることも十分可能です。

サポート体制が貧弱

個人的に格安SIMの一番のデメリットが、サポート体制の貧弱さだと思っています。

格安SIMというものが、そもそもそういったサポート費用を省くことによって格安を実現するビジネスモデルである以上、これは避けられません。

修理や操作方法、料金の相談といったことを対面のコミニケーションで実現するには、やはり実店舗がないと不可能です。

これがあるから、格安SIMは「情報通向き」な側面が強いと言われるのも、致し方ありません。

僕はこういった実店舗によるサポートが無くても全く困りませんが、僕の親世代位の50〜60代の方に聞くと、やはり修理などに行ける店舗があったほうが安心感はある人が多いようですしね。

ただし、格安SIMであってもほとんどの場合、使用方法などを相談できる電話やWEBでのサポートがあります。

また、最近ではサポート用の実店舗を用意している格安SIMもあります。

なので、このデメリットにもある程度対処する方法が整ってきたのかな、という印象を受けます。

手続き方法を自分で調べなきゃいけない

格安SIM導入の一番のハードルとなっているのが、手続きの難しさです。

とはいえ、手続きが難しいというイメージが付きがちというのが実態で、実際にはそこまで難しくありません

個人的にはむしろ大手キャリアの方が料金プランなど複雑で大変なのでは…と思うくらい。

しかし難しくないとはいえ、やはり「自分で調べなきゃいけない」というのはハードルが高いですよね。

ただ、今どき格安SIMの申込方法や手順、選び方などは検索すれば腐るほど出てきます。

自分が使ったやつしか書いていませんが、このブログにも申し込み手順などは詳細に解説していますから、これらを参考にすれば大丈夫です。

無数にある格安SIMの中から僕がIIJmioを選んだ理由【信頼が大事】格安SIMがほしいけど、どの会社にしたら良いのか分からない こんな方に向けて、僕が数ある格安SIMの中からIIJmioを選んだ理由を書...
【画像多数】IIJmioに実際にMNPしたので申込みの方法と手順を分かりやすく解説したよ!電話番号を変えずに(MNP)iijmioのみおフォンを申し込みしたのでその手順を分かりやすく解説します! 実際に今僕がやったばかりなの...
【実体験】IIJmioのSIMが届いた!開通作業の方法を分かりやすく解説IIJmioでSIMカードが届いた後に僕が実際にやった手続きについて解説します。 僕はMNPでやったので、MNPの方もこれを見れば大丈...

それに、検索してこの記事を発見している時点であなたは格安SIMを申し込むのに必要なくらいの情報収集能力を持っているので、申し込むハードルはそれほど高くないように思います。

まとめ

格安SIMは安いだけではありません。

ここに書いたように、安いのには安いなりの理由があります

安いものを「安くて最高」と額面通りにしか受け取らないで飛びつくと後悔してしまうことが多いので、十分に弱点を吟味しましょう。

それでも良いと思ったうえで格安SIMに変えるのであれば、後悔する確率はグッと下がるはずですよ。

ABOUT ME
アバター
とおる
大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。 大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。 コメントとかもらえると嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です