【ビーズクッション】Amazonと無印を比較!前者を選んだ理由とレビュー!

皆さんこんにちは。部屋に置くクッションで悩んでいませんか?

今日は、僕が大学に入学し一人暮らしを始めて以来半年間愛用してきた、Amazonのビースクッションキューブの半年間使用レポートを行っていきたいと思います!

この商品、とても良いもので気に入っているのですが、似たような商品(というか元祖?)に無印良品の人をだめにするクッションというものがあり、僕自身、購入する際に無印とAmazonのどちらを購入するかでひじょーに迷いました。

なので今回は、僕が愛用しているAmazonのビーズクッションをレビューするとともに、無印良品のものと比較をしていこうと思います!

それではいってみましょう!!

無印でなくAmazonを選んだ理由

Image result for 無印 人をダメにする

僕は最初は無印良品の「人をダメにするクッション」を買おうとして吉祥寺の無印良品に行きました。ですが購入に踏み切ることができませんでした。なぜなら…とても高かったから。だいたい1万6000円ほどでした。

これを購入しようと吉祥寺に繰り出した僕は5000円しか持っていませんでした。

これでは流石に買えるはずがないと思いつつも、とりあえず展示品に座る僕。このソファなかなか座りやすいぞ。カバーの材質は綿のような、触り心地の良いものです。しっかりしていて簡単に形も崩れないしなかなかいいですね。これ欲しいなぁ。そう思いました。

ですが簡単に価格の壁は超えられません。なんせこっちは貧乏学生ですから、必需品でもないのにそんなに金はかけられません。いくら良品といえど出せる金には限度があります。そこで家に帰って他の候補を探すことにしました。ネットを見て、何かいいものはないか?と調べていたところとてもよさげな商品を発見しました。

Amazon ビーズクッションCUBE」というもので、価格は約9600円です。無印のものと大きさも変わらないし、それなりにしっかりしてそうな商品なのに、価格は無印のものよりも6000円以上安いということで、かなり惹かれました。

41gathkhdfl-_sy400_

これはいいんじゃないか?無印のやつとサイズも変わらないのに安いしこれはいいぞ!

ということで、もっと調べてみました。レビューでアマゾンのやつとの違いを調べてみました。

スポンサーリンク

無印とAmazonのビーズクッションの特徴を比較

レビューや他の方のブログなどで情報を漁り、無印とAmazonのビーズクッションの違いを徹底的に調べました。そこでわかったことは

  • アマゾンのやつのほうがふにゃふにゃしていて
  • 無印のやつのほうがしっかりしている
  • アマゾンのほうはビーズの詰め替え可能
  • アマゾンのやつはカバーにホコリがつきやすい
  • アマゾンのやつはへたりやすい

こんな感じでした。

確かに店頭で触ってみた感じからすると、ものとしてしっかりしているのは無印の方なんだろうなということはうすうす感じていましたが、ビーズクッションはどちらにせよ長期間使っていればへたってくるものだという意見を聞いてからは、へたったときにビーズの詰め替えで新品同様に戻すことができるAmazonの方に惹かれました。

加えてAmazonの方は価格も無印の2/3以下で購入できてしまうので、Amazonの方のビーズクッションを購入することに決めました。

Amazonビーズクッション半年使用レポート!

ここからは、実際に悩んだ末購入したAmazonのビーズクッションがどんなものだったのか、満足度や使い勝手などがどうだったかを中心にレビューしていきたいと思います!

使い心地

20161207133429_img_0060

↑包まれている一眼レフ

僕は身長170ないくらいで、体重もそんなに重くないですが、包まれている感じがしてすごくいいです。購入前は、サイズ的に2つないと完全にだらーっと寝そべることはできないかと思っていましたが、これ一つで十分だめになることができます。噂通り、座るとぐにゃっと体が沈み込んでいき、そのまま長い間いるとだんだんクッションの形が崩れてきて、座っているというよりは寝ているといった方が正しいような感じになってきます。

六ヶ月も使っているので、購入当初に比べてヘタっているのはわかりますが、使い物にならなかったり形が保てないほどぺしゃんこにってはおらず、十分使えております。

だらんと使いたいときは、カバーの硬いところに座り、椅子としてしっかり使いたいときはカバーの柔らかいところに座ることで2通りの使い方ができます。

20161207133633_img_0064

↑だらんと座るときこの状態で座ります。カバーの真ん中の生地が違うのがわかります。

20161207133602_img_0063

↑しっかり座るときこの柔らかい生地の面を上にして座ります。側面に硬い生地が来るのでしっかり座ることができます。

全体的に座り心地に関しては悪いところはありませんでした。店頭で座らせてもらった無印のものと比べると、明らかに無印のものの方が硬く、しっかりしていました。Amazonのものは座っているとだんだんと形がつぶれていきますが、無印のものはすぐにぺしゃんこになることはない印象でした。このあたりは好みによるのではないか、と思いました。

ホコリはつくのか

レビューにあったホコリについては確かにめっちゃつきます。ですが、僕的には許容範囲内です。

20161207133646_img_0065

↑ホコリはこんな感じ。目が粗い方の(硬い)生地にたくさんつきます。

↓目が細かい生地にはあまりつきません。生地によってホコリの付き方にだいぶ差が出ます。

20161207133710_img_0066

また大きくて場所を取るので気をつけて的なレビューがありましたが、僕の家は八畳間なのでそんなに狭いとは感じません。でも、部屋にモノがたくさんある人にとってはちょっと邪魔になるかもしれません。

まだビーズを詰め替えるまでには至ってませんが、面倒だし、そんなにヘタってないし、しばらくはこのままでお世話になろうかなと思ってます。なかなかいい製品です。 でも、もしこれが2つとかあったらそれこそ僕はここから動かなくなってしまいそうなので、みなさんも買うときは気をつけてくださいね。笑

スポンサーリンク

まとめ

無印とAmazonのビーズクッションを比較してみて

Amazonを選んだ理由…無印より6000円以上安い、ビーズの詰め替え可能
無印の良いところ…へたりにくい、硬めの座り心地

半年使用してみて…多少の劣化(へたり)はあるが使用するのに問題なし

こんな感じです。ビーズクッションは大きいので多少場所をとります。ですが座り心地は今までのソファとは段違いです。友達が頻繁に来る場合などとても喜ばれるアイテムなのでぜひ導入してみてはいかがでしょうか。下Amazonのにリンクを貼っておきます。

今日はこんなところで終わりにしたいと思います。

それでは!