食事内容だけではない!「ジョコビッチの生まれ変わる食事」を読んだ感想

ジョコビッチの生まれ変わる食事という本を読みました。BOOK OFFで購入したものです。

この本を初めて手に取ったとき、僕は「ジョコビッチがグルテンフリーの食事で成功したから、この本はそれをすすめる本なんだろうな」と思っていました。つまり、この本にはグルテンフリーの方法論が書き連ねてあるものと思っていました。

もちろん、この本がグルテンフリーについて詳しく述べてある本なのは間違いありません。しかしこの本には、ジョコビッチの生い立ちから現在の彼の人生哲学まで様々なことについて触れられており、決して、何にグルテンが含まれていて、彼がどんなメニューを食べているのかだけが書かれた本ではありません。そこが、読んでいてすごく意外でした。

彼はテニスプレーヤーですから、自分の体をとても大事にしています。その上でグルテンフリーの食事が大きな役割を果たしていることは間違いないでしょう。しかしこの本を読んだ僕にとっては、彼が自分の体をうまく管理できているのは、グルテンフリーを始めたり、そこに通じるトレーニングや睡眠、仲間との関わり方など様々なものを、より自分に馴染むいい形へと昇華させていこうとする彼の考え方が根本にあることが1番の理由なのだなと思いました。

本の中でも触れられている、「オープンマインド」を僕も持って生きていけたらいいだろうなと思いました。

20170419070705_IMG_0561

小麦を使わない料理自家製すた丼です。

みなさんもジョコビッチのように体の声を聞いて生活してみると良いかもしれませんね。