一眼レフのファインダーがボヤけるときはどうする!?

ファインダー内がぼやける!そんなときはどうすればいいんだ!

一眼レフの光学ファインダー内の像がボヤけてしまってピントの確認ができないのに撮影すると綺麗にピントがあっている!?

そんな経験ありませんか?そんな時にどうすればいいかお教えします!




どうすればいいの?

結論から言います!視度調整をすればいいのです!

一眼レフカメラのファインダーの近くには必ず視度調節をする部分があります。k-s1の場合はこんな感じです。

20161225223857_img_0139

アイカップ(ファインダーの周りにつけるやつ)のちかくにある歯車みたいな部分を回して調節します!カリカリ。

これをカリカリ回して調節すると
今までぼやけていた画像が…

お…?

20161225225359_img_0143

…おおお!!

20161225225334_img_0142

このピントがあっている感が素晴らしい!

見事またピントが合いました。めでたしめでたし!

※写真はイメージです。でも実際こんな感じ!

この視度調節というのは、使う人の視力に応じて調節しなければならないもののようです。なので、視力が著しく悪い人は別売の調節のための道具を購入しなければなりませんが、僕には必要ないようです。

友達のカメラでも同様の症状が見られたので、暫く使うと一眼レフはこうなるものなのかと諦めていましたが、ただ僕が勘違いしていただけのようです笑。

視度調節がずれていたのは、僕が視度調節部分の機能を勘違いしていたためでした。
ここを動かせばファインダーの位置が変わるものだと思っていましたが、ここは視度調節部分だったんですね!

皆さんも一眼レフのファインダー像がボヤけるときは視度調節をおこなってみましょう!買った時のような鮮明な映像が待っていますよ!

それでは!