【テニス】雁行陣でラリーに絡み一発で決める前衛になるコツ5つ

スポンサーリンク

Embed from Getty Images

ダブルスの雁行陣の前衛、めちゃくちゃ難しくないですか?

相手前衛に先にポーチされて負けてしまったり、ラリーが速くてぜんぜんボールに絡めなかったり。タイミングよく出られたと思ったら一発で決められなかったりと、悩みは付きませんよね。

この記事では、雁行陣の前衛の決定力を高めるいくつかのポイントを解説していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

雁行前衛が決定力を上げるポイント5つ

 

  • 味方ストローカーを見ない
  • 守備のときに下がりすぎない
  • ラケットを体の前にセットし、打ちたい方向を決めてからボレーに出る
  • 行くと決めたらネットの上まで詰めきる
  • 相手ストローカーをよく見る

です。詳しく見ていきます。

 

味方ストローカーを見ない

Embed from Getty Images

初心者の人に多いのですが、前衛はラリー途中に味方後衛のストロークを見ていてはいけません。味方が打ったあとのキャッチや詰めなど次の球への反応が遅れるからです。

 

特に、味方を見ていると次の相手のストロークに対してボレーで詰めきることができません。これではボレーの決定力が下がり、攻撃が役割の雁行前衛としては致命的です。

 

もちろん、味方がどうしょうもなくいいロブで左右に振られて返すのが精一杯であるなど、時間があって劣勢なときなどは味方ストローカーを見る必要がありますが、普通にラリーが続いているときは前衛が後衛を見るのはだめです。絶対に。

 

味方ストローカーを見ることで相手のポーチなどを予想しようとしているのかもしれませんが、基本的に雁行陣でそういう守備的なリスクマネジメントをするのは後衛の仕事です。

 

味方後衛を見て相手のポーチをキャッチすることより、味方後衛は見ないで次にくる相手のストロークでしっかり詰めて決めることのほうが100倍大事です。

 

守備のときに下がりすぎない

雁行でラリーに絡めない前衛の特徴として、味方が打つときに下がりすぎる、という特徴があります。

典型的なのは、味方がストロークを打つときにサービスラインくらいまで下がっている前衛です。

サービスラインまで下がってしまうと、ネットまでの距離が長くなり、相手が次にストロークを返すまでにネットに詰めきれなくなってしまいます。

さらに、この状態でポーチに行こうとすると詰めきれずに決定力が下がるだけでなく、長い距離を走ることになって、ストレートを抜かれる可能性が非常に高くなります。

 

いやいや、下がらないと相手のボレーを取れないよ

 

と思うかもしれませんが、下がったとしても相手のポーチをキャッチできることはまれですし、当たり損ねのポーチであれば案外サービスラインより前にいても取れるものです。

なので、守備のときであっても下がりすぎないようにしましょう。

 

2018 US Open highlights: Mike Bryan and Jack Sock win men's doubles championship | ESPN

↑動画の1:32秒あたりの前衛のポジションは守りでもサービスラインより後ろに下がってはいません。

 

下がるとしても、大股2歩でセンターのネットの上まで詰めきれるくらいのポジション(めやすはサービスラインからネットに向かって1/3くらい詰めたところ)にとどめるのが鉄足です。

 

ラケットを体の前にセットし、打つ方向を決めてから出る

タイミングよくポーチに出ても、ボレーをバックアウトやサイドアウトしてしまう場合がありませんか?

 

これは、ポーチに出てからラケットをセットしていることが原因です。

 

ポーチは考えうる限りで最もネットに詰めて打たなければならないショットです。ということは、ストロークや通常のボレー以上に時間がありません。最小限の動きで確実にヒットする必要があります。大きな動きやボールが来てから打つ方向を決めるようなことはナンセンス。

 

なるべく考えずに打てるように予めラケットを打ちたい方向に向けてセットし、そこから後ろに引かずにヒットする必要があります。

 

ソフトテニスの前衛プレーヤーは、ストレートアタックを止めるときに全くラケット面が動きませんし、打ちたい方向にラケットをむけていますよね。イメージはそんな感じです。

 

先ほどの動画でいえば1:17あたりのボレーが参考になると思います。面の向きは最初から打ちたい方向に向いているのがよく分かります。

 

ボレーに行くと決めたらネット真上まで詰めきる

Constantin / Pixabay

そして、ポーチやその他ボレーに行くと決めたら必ずネットの上でヒットできるくらいに詰めましょう。確実に決めきるためです。

 

ネットの上でボレーをすることで、角度をつけたり、相手から反応する時間を奪ったりできます。

 

雁行前衛のボレーは、前衛が元々いたポジションを大きく開けて動くため、陣形を崩すリスクをはらんでいます。

だから、出るからには一発で決めきることが非常に大事です。イーブンでも陣形を崩しているぶんこちらが不利ですから、確実な優勢または一発で決めきることが要求されます

ここで大事なのは、ネットの上という言葉は誇張ではない、ということ。雁行前衛のボレーはほんとにネットの真上までいって叩きましょう。

 

チャンスボールに対してミスをしてしまうのは、ネットがあるからです。ネットを越そうとした結果オーバーミスをしたり、ネットを越せなくてネットミスをしたりするのですから、ネットの影響がなくなるまで詰め切ることが大事なのは当たり前ですよね。

 

相手のストローカーの癖を見抜く

これは雁行陣に慣れた上級者向けのテクニックですが、相手のストローカーをよく見てそのクセを見抜くことはとても大事です。

  • 速い球に対しては必ずクロスに切り返してくるとか
  • バックサイドにいてフォア側に甘くなったら必ずストレートアタックをしてきたり
  • ショートクロスに打たれたらショートクロスに打ち返すクセがある

などなど、ストローカーごとに必ず何らかのクセがあります。このクセがないかよく観察してからボレーに出ることで

  • クセを読まれていると気づいた相手がそれを意識してミスをしたり
  • 余裕と自信を持ってポーチに出たり

といったことが可能になります。

 

また、相手を観察することが難しくても一般的に

  • 味方が構えて打ち込むとき
  • ロブで相手を左右に振ったとき
  • 浅いボールを持ち上げて処理しようとするとき

などは、相手も無理に打ってバックアウトしたくないのでクロスに打ってくることが多いです。

そういった球をどんどんポーチしていくことで相手にポーチを意識付けることができ、ミスを誘うことができますよ。

 

まとめ

Embed from Getty Images

雁行陣が前衛としてラリーに絡んで相手にプレッシャーをかけるには

  • 味方を見ず
  • キャッチのときに下がりすぎず
  • ラケットセットをして打つ方向を決めてから
  • ネット真上まで詰めきり
  • 相手ストローカーのクセを読む

この5つのポイントを意識してやってみるとめちゃくちゃボレーが決まるようになります!

 

上記のようにボレーをすると当然ストレートに抜かれることも増えますが、ぜんぜん気にする必要はありません。

最悪決める数と同じだけ抜かれたとしても、相手は前衛を気にしながらプレーしなくてはならなくなる分、ボレーに出た意味はあります。

何も考えなくても相手のストロークがスイスイ通るのが一番良くないですからね。

抜かれることを恐れずガンガン詰めていきましょう!

テニス上達ボレー
スポンサーリンク
この記事を書いた人
のーる

大学生。好きなことはテニス、文章書くこと、ダンスミュージック、嫌いなものは忘れ物、銀杏、絡まりやすいもの。
大学一年の夏休み、ひたすら自分の時間を提供して怒鳴られこき使われるバイトと暇を持て余す自分に嫌気が差しこのブログを始めました。
コメントとかもらえると嬉しいです。

のーるをフォローする
のーるをフォローする
テニスしようぜ

コメント